Wednesday Night Wars開始(2019/10/2 NXT)

(「フルセイル大学の客は
仕込みやすそうだな・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

AEWとSmackDownあたりの記事化で、NXTにまったく手をつけることが、できませんでした。

ようやくスキマ時間ができたので、二週間さかのぼって、NXTのTV放送2時間版初回をみてみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・今回から2時間USAネットワーク。


Bipolar Rock ‘N’ Roller
マウロラナーロ。
或る意味、
このひとにNXTは、
かかっている。

2回(2019/9/259/18)の助走期間を経て、ついに2時間TV放送のNXTデビューです。

アングラ(アンダーグラウンド=インディー)感は、やはりNXTにしか出せず、AEWの対抗馬になれるか・・・

格上げとともに試練のブランドです。


・ふり返って見ると悪くない。


As of now, I’m NXT.
この時点で、オレはNXTに凱旋する。
と言ったとおもう。

AEW初回にブツけて(視聴率競争で)大敗した回のNXTでしたが(以下にもうすこしくわしく述べます)・・・

みてみると、ぜんぜん悪くないですね。

オープニングマッチは、マッドリドルvs.アダムコール(べいべー)。

アダムコールが勝ちます。

直後、フィンバラーが、サプライズリターン!

しかも古巣のNXTへのリターン!!

・・・新日本出身ですけどね。


・ボロ負けスタート。


それにしても、いずれ本腰いれて取り組まなければならない・・・

・・・というAEWとWWEのWednesday Night Wars(水曜日視聴率競争)ですが・・・

・・・Forbesとか、そういう大手のサイトだと、

① 広告が多くてPC止まる(これ最近WrestlingObserverでも起こるようになって来ているんですよ!)

② くわしすぎて逆にわかりづらい!!

という二重にダメな情報しか得られません。

こういうのは、Wikipediaですね。

それによると、初回放送では・・・・

AEWが、平均140万9千人の視聴者。

NXTが、平均89万1千人の視聴者。

というわけで、NXTのボロ負けだったみたいです。

これと、かつてのWWEのUSAネットワークでの視聴者数を比べてみましょう。

大体、WWEの視聴者数が200万人から300万人といわれてますから、海外放送も含め、まだまだAEWはWWEの後塵を拝しているのは確かですね。

どうなるか。

数字だいすきアメリカ人の考えにどっぷり浸かってますが、しばらく、この視線にのっかってみましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m