NXT UKってどんな感じ?

(「こんな感じ」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。世界展開を企むWWEが、英語圏として注目しているのが、インド、オーストラリア、そしてイギリスです。

インドは、ジンダーマハルで失敗。

オーストラリアは、今年Super Show-Down

そして、イギリスでは謎の英国王座と共に今年(2018年)10月17日、NXT UKというブランドが新たに登場しました。

なんだろうね・・・とりあえずネット配信だから収録しとけ・・・って感じもします。

ただ、このNXT UK、WWE関係の記事読んでいるとちょくちょく出て来て癪に障るというか、目障りというか・・・。

情報が錯乱しないうちに、早めにキャッチアップしておきたいと思います。

どんな番組なんでしょうか。

(以下、画像出典はWWEです。)


・NXTの一部と取ってもらって結構。


司会は、205Live以来の名タッグ

お前ら絶対、現地いないだろ・・・。

本記事トップ画像を見れば分かるとおり、雰囲気はフルセイル大学そのもので、こじんまりとした所で「NXT!NXT!!」の掛け声で始まります。

Redditなんかで話していたのですが、フルセイル大学って、キャパ500人くらいしかないんですね。

もしかしたら、205Liveをフルセイル大学でやらないのは、それ以上の集客を見込んでいるからなのか・・・?


・たぶんイチから作っている。


リゲロ(LIGERO)

ココだけ見るとSM。

今回(2018年)のメイヤングクラシックもそうでしたが、結構ヨーロッパ出身のレスラーというのも少なくなく(例えばキラーケリー)、そういったヨーロッパのシーンを牛耳る基地としてイギリスを選んだ・・・という感じもします。

つまり、NXT UKブランドで、ヨーロッパを統合しようとしているんじゃないでしょうか。

そうすると潜在的な選手はものすごい数に上るわけで、WWEは敢えて、イチからNXT UKのシーンを作り上げて行こうとしているように見えます。

その一例が、上掲画像のリゲロ。

知らんがな。

覚えるがな。


・とりあえずピートダンとトニーストームで。


バックステージは自ずと、

インディーっぽくなる。

そしてジワジワ来る

ダコタカイ

向かって左がトニー、

そして右が

ベイリー=チュンリーこと

ダコタカイ(←推しすぎだろ)。

UXT UKブランドをイチから作ろうとしているので、当然、放送合間のCMの帯(おび)には、これでもかとばかり、選手のプロモーション動画が流れます。

それでも見る側としては何か核となる選手がほしいでしょうから、WWEは男子と女子で一人ずつ用意しました。

男子が、ピートダン(PETE DUNNE)。実はビーガン

女子が、トニーストーム(TONI STORM)。肉食いまくってそう。

まあ、トータルディーバとかでケツふってるくらいだったら、こっちの方が全然マシなので、NXT UK、がんばってほしいですね。

こういうところにヒデオ選手とか、スポット参戦してほしいです。

205Liveのトニーニース(Tony Nese)とかNXT出てましたもんね。

それにしてもWrestlingObserverは、いいサイトだなあ。

DirtySheetsとか全然みてないや、最近。

そんな感じです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m