ジャックスワガーその後。

(出典:Lucha Underground)

こんばんは、ヤマガタです。

どーしてもMixedMatchChallengeに食指がそそられず、この機会に、一度乗りかけた船であるルチャアンダーグラウンドの現チャンピオン、ジャックスワガー(Jack Swagger)のその後を追ってみることにしました。

あと最近、NXT UKで活躍の場を見出したノアムダーと、インディーでは結構まだまま現役のライバックとか、見てみたいのですが・・・。

カイリ選手とイオ選手を追う、という路線もあるのですが、アイドルサイトみたいになってしまうので、もう少し控えさせてください。

(以下、画像出典はLuchaUndergroundです。)


・2017年3月に退団。


左から

ヴィッキー・ゲレロ

ジャック・スワガー

ドルフ・ジグラー

(出典:WWE)

手っ取り早く言えば、コーディ(CODY)のような辞め方したひとです(WWEのことです)。

WWEでの起用方法に納得が行かなかった、ってことですね。

上掲画像のようなシーン、覚えているかたも多いのではないでしょうか。

退団は2017年3月と、そんなに昔でもなかったんですね。


・現在ルチャアンダーグラウンドのトップ。


ルチャアンダーグラウンドでは、

「ジェイクストロング」という芸名。

(レスラー名とか言え)

そのままなんですけれでもルチャアンダーグラウンド王座(Lucha Underground Championship)というのがあって、WWE王座と同じく、団体のトップに当たります。

そこに今、ジャックスワガーは君臨しています。

ジェイクストロング(Jake Strong)という芸名です(上掲画像)。


・vs.ジョニー・ムンド


ジョニー・ムンド。

この人もいいレスラーよね。

私が見た回(2018/10/17)は、空位のGift of the Gods王座を争うというアングルだったのですが、やはり話が難しく、詳細は割愛。

純粋に試合を見たのですが、メインで、これもルチャアンダーグラウンドの顔と言えるジョニームンド(Johnny Mundo)との一戦を見ることができました(上掲画像)。

ジョニームンドもWWE出身。こっちはネヴィル的な退団した選手、という印象です。

ジャックスワガーよりはWWEで活躍した選手。2000年代初頭が旬だったと言えるでしょう。


・勝った(ジャックスワガーが)


アンクルホールド!!

ルチャアンダーグラウンドは、傍から見るとTNA(ImpactWrestling)っぽい印象を持つんですけど、試合そのものはかなり本格派で、ROHをもっとインディーっぽくした雰囲気を醸し出しています。

観客は・・・たぶん仕込んでないと思いますね。

試合会場は「テンプル」と言います。最近、気づきました(一度必死でストーリーライン追いかけた)。

で、その仕込んでない観客の目には、ジョニームンドがベビー、ジャックスワガー(ジェイクストロング)はヒールに映っているようです。

個人的には、ジャックスワガー、もっと「怪物」みたいに演出してもいいかな、と思いました。

ジョニームンドはいい選手ですね。変則ハイキック使いすぎの気もしますが(たぶん試合のリズムとして使いたくなるのでしょう)。

そんな風に思いました。

試合はジャックスワガーが、アンクルホールドでジョニームンドからギブアップを奪い勝利しています(上掲画像)。

これで、ルチャアンダーグラウンドは、ペンタ君、ジャックスワガー、ジョニームンド、3人紹介しましたね。あ、あとフェニックスもいるか。

この路線、ちょっとずつ開拓して行きたいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m