内藤哲也が二冠王者返り咲き(Summer Struggle in Jingu)

(「内藤はさすがだね」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

土曜日(2020/8/29)、新日本プロレスの神宮大会が開催されました。

メインは、EVIL vs. 内藤(ここからのつづき)。

EVILは、へんな時期(コロナ禍)に王者になっちゃったもんだから、ディック東郷とセットになって、評価落としただろうな・・・という感じです。

なんか盛り上がりに欠ける、寒い王者という印象がついてしまいました。

新日本のファンって、というか日本のプロレスのファンって、基本、全日本趣向じゃないですか。

あんまり介入とかで決着するの嫌がられるんですが・・・

ディック東郷とセットになって、EVILは、その寒い(しょっぱい)試合をするイメージがついてしまったんですよね。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・会場の雰囲気は?


キャパは37,933人。
観客動員数は4,710人。
以前の大阪城ホールで3分の1ベースで、
観客制限している・・・と言ったから、
本当は10,000人は可能だったはず。
興行失敗か?

特に満員などの記述はありませんでしたが、観客動員数は4,710人でした。

直近でベストと言われた大阪城ホール3,898人でしたから、この数字は褒めるべきか、貶(けな)すべきか・・・

まあ、いいでしょう。

参考:新日本プロレスサイト

上の画像見る限り・・・まあ、こんなもんだろ・・・という感じです。

ただ、新日本プロレス側が、声援などを禁止していたので(最後、内藤が勝った後、ロスインゴの合唱もしないことになっていた)・・・

・・・い、か、に、も、日本・・・という感じ・・・

なんか、お花見みたいな雰囲気でした。


・内藤が勝った。


デスティーノ
→スリーカウント。

悪いですけれども、この会場の独特のシラケた雰囲気にばかり気が取られて、試合に集中できませんでした。

内容は・・・あれですね・・・

やっぱりEVILが寒い(しょっぱい)王者のイメージがついてしまったので・・・

なんか、もともと新日本が意図していた、パレハ裏切りアングルでは観戦できなかった・・・というのが本音です。

冴えない悪役(EVIL)を内藤が退治して、もとの軌道に話を戻した、といった感じでした。

EVILの価値が急落したのが、一番気になったかな。

いい選手なんですけどね。

第二の高橋裕二郎にならないことを祈ります。

なんといっても、バレット倶楽部には、塩試合番長がいるので・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m