ブリ―ザンゴNXTデビュー(2019/8/14)

(「こんな感じでやっているみたいです」
出典:WWEYouTube

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2019/8/14)のNXTはTakeOver:Trontoで収録されたものでした。

紫雷イオの出番はなし(本戦出てましたからね)。

その代わり、WWEは上掲画像のようなPV(?)を出しました。

以前、突然イオさんのTwitterにPoppyという外タレが登場して、なんなのか意味がわからなかったのですけれども(ヒールターンして紫雷イオは秘密主義的になっている)、要するにトップ画像のようなビデオの音楽担当をしてくれたアーティストさんだったんですね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ブリ―ザンゴのNXT参戦。


けっこう男らしい試合します。

どのくらい欠場していたのかわかりませんが、ファンダンゴがようやく復帰し、以前SmackDownでやっていたブリ―ザンゴをNXTでやることが決定したみたいです。

というわけで今回が初戦。

相手はフォアガッテンサンズ(The Forgotten Sons)という、いかにも消えそうな(忘れ去られそうな)名前のユニットでした。

8分ほどの試合でした。

最後は丸め込みみたいになって、ブリ―ザンゴが勝利しています。

タイラーブリーズ不満言いまくってましたからね。たぶん、いまのNXT移籍は満足しているとおもいます。


・BREAKOUT TOURNAMENT


Midnight Star 450 splash!!

本サイトではまったくあつかっていなかったのですが、BREAKOUT TOURNAMENTという8人勝ち抜き試合をNXTでは続けていて、優勝者はタイトルマッチ挑戦権が与えられるのでした。

参加者など説明は、このウィリアムリーガルGMのYouTubeで十分でしょう。

ドラゴン藤波も活舌悪いので有名ですが、ウィリアムリーガルも負けてはいません。

がんばって聞きましょう。

で、トーナメントファイナルが今回のNXTで放送され、Jordan Mylesが、Cameron Grimes(NXT UKの選手かな?)を破り、優勝しています(上掲画像)。

あ、あと、ジョニーガルガノの昇格は未定みたいですね。否定でもないみたい。(どこで読んだか忘れましたがメルツァーでしょう。)

NXTはまもなくTVデビューだから、選手もそんな昇格に魅力を感じないようになるかもしれません。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m