紫雷イオがタイトル保持(NXT TakeOver: XXX)

(「ダコタカイがついにここまで」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間2020/8/22(土)、NXT TakeOver: XXXが、サンダードームではなく、こっちはフルセイル大学で開催されました。

・・・とくに目立ったセッティングはなかったですね。

で、注目は、われらが紫雷イオが、ダコタカイ相手にNXT女子王座防衛戦をおこなった、というところでした。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな試合だった?


バク宙に失敗する師範。

試合自体は、おもったよりいいものでした。

今回、ダコタカイは、ラケルゴンザレス(Raquel González)を連れてきたんですけれども・・・

直近でサポーターとして登場したのは、メルセデスマルチネス(Mercedes Martinez)。

この記事でお伝えしたとおり、どっちもダコタカイに絡んでいるのですけれども・・・

・・・いま、ダコタカイのユニットがどうなっているか、そこらへん、あんまりつかんでいません。

で、試合自体は、けっこうソリッド(堅実)な展開で、ダコタカイも、グラウンドをやってました。

アームバー(腕ひしぎ四の字)みたいな、ことですね。

紫雷イオも、それほどハイフライヤーでなく、やっぱりグラウンドをこなしていました。

ラケルゴンザレスは、最後ダコタカイが、レフェリーに誤爆し、無法地帯になったあたりから、介入してくるのですけれども、基本セコンド役に徹していましたね。

つよそうなんだけれども、知らないです、このひと(ラケルゴンザレス)・・・


・紫雷イオが勝った


カミゴェをする師範。

試合は最後、いつものムーンサルトで紫雷イオが勝ちました。

介入のドラマもあって、いい試合でしたね。

ダコタカイも典型的なツンデレキャラで、ラケルゴンザレスやメルセデスマルチネスやら、コワモテを引き連れ、ちょうどアレクサブリスみたいなキャラになってきました。

試合後、紫雷イオがラケルゴンザレスに襲撃されるんですけれども・・・

・・・それをリアリプリーが救いに来る、みたいなシーンもありました。

今度はタッグ戦(イオ&リアリプリー vs. ダコタカイ&ラケルゴンザレス)とかになるんでしょうか。

まだまだNXTの屋台骨をまかされている紫雷イオでした。

・・・つぎの相手、だれになるんでしょうかね。

リアリプリーじゃないでしょうね。

それだとベタなので。

トニーストームに(NXT UKと)行ったり来たりさせればいいとおもうんですけれどもね。

どうなんでしょうか。

コロナ的にむずかしいのかな。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m