ジェイクハガー初戦(AEW Revolution)

(「プロレス復帰」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

この前のRevolutionのつづきです。

今回は、ジェイクハガーの初参戦試合をみてみたいとおもいます。

ジェイクハガー、もとジャックスワガーを追い始めたのは、ほんの偶然で、ただWWE時代いい選手だな~・・・とおもっていたのと・・・

・・・ルチャアンダーグラウンド(再開ないみたいですね)について、たまたま王者になっているのをみたからでした。

(以下、画像出典はAEWです。)


・対ダスティンローデス


WWE時代もやっていた
アンクルロック!!

そんなジェイクハガーが、MMAとの掛け持ちというかたちでAEWに参戦したのは、TNT初回放送でした。

その後ジェリコの側近(The Inner Circle)に加入。

現在ヒールなんですが、そういう立ち位置で、もとゴールドダスト、現ダスティンローデスと対戦しました。

・・・試合は、上掲画像のような、結構ハードな試合で、見ごたえがありました。

あったんですが・・・


・ジェイクハガーが勝った。


スリーパーしたら
すぐにダスティンローデスが落ちて、
レフェリーストップ。

・・・なんか、つまんなかったです。

試合自体は、かなりハードで、見ようによってはレスリングファンにも届く内容だったんですが・・・

・・・なんか、なんかで、最後も期待通りのMMAファイターっぷりも見せれず、不自然にサブミッション勝ち(上掲画像)。

初老のダスティンローデスがわるい、というわけでもないでしょう。

本サイトではあつかいませんでしたが、以前どっかでやったコーディ vs. ダスティンは、非常に評価が高かったみたいです。

たぶん原因は、やっぱりジェイクハガーが、キャラもってないところでしょうね。

・・・なんか、つまんないんですよ、このひと。

能力的にも、体格的にも、申し分ないんですが。

正直、こんなんだったら、骨の二三本折れるまで総合で実績あげて、レスナーみたいになってから、プロレス戻って来いよ、という感じです。

ただまあ、総合格闘技でやるには、オファーが少ないんでしょうね。

いろいろ大変なんでしょう。

そんな風に思いました。

というわけで、本試合、CAGEMATCHではシカトです(2020/3/4時点で評価がついていない)。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m