【付 KENTA】ASUKAとシャーロット(2020/12/21 RAW)

(「このインタビュアーはシュライバーさんで
いいみたいですね」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

TLCでシャーロットとタッグ王者に輝いたASUKAですが、その後どうなったのでしょうか。

翌日(というのもすごいが)、RAWでの動向を見てみたいと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ジョンモクスリー来日ならず


話変わりますが、懸念事項だったKENTA vs. モクスリー・・・実現しませんでしたね。

参考:KENTA IWGP US TITLE SHOT DEFENSE SET FOR NJPW WRESTLE KINGDOM 15

ジョンモクスリー王座戦はナシ。

代わりに権利証防衛戦として、KENTA vs. ジュースロビンソンが組まれました。

WrestlingObserverは、コロナのため、アメリカ→日本への渡航が禁じられているため実現できなかった・・・

・・・と慎重に論じていますが・・・私は現在の渡航制限よくわからないので(どのサイトも詳しすぎて欲しい情報がすぐに手に入らない)・・・

いずれにせよ、新日本プロレスは、ど~~してもモクスリーに留まってほしいのでしょう。

WK15という大舞台でもなお、モクスリーにUS王座あずけたまま、という全面譲歩からうかがえます。


・ASUKAとシャーロット


ASUKAのベルトを虎視眈々とねらう
シャーロット。

で、ASUKAとシャーロットですが・・・

トップ画像にあるとおり、ペイトンロイスとレイシ―エバンスの突貫工事タッグと試合しました。

相手自体は不足”あり”だったので、当然、ASUKA組が勝ったのですが(ノンタイトル戦だった)・・・

気になるのは、シャーロットなにすんの?ということですよね。

シャーロット自身のマイクもなにもなかったのですが、今回の放送みるかぎり・・・

・・・どうやら、ASUKAをどこかの時点で裏切り、因縁の王座戦に移る、と予測されます。


・ASUKA組勝利


フィギュア8!!

試合は、帰って来たシャーロットのお披露目のような内容でした。

最後はシャーロットがフィギュア8で、ペイトンロイスからギブアップを奪い、ASUKA組が勝利しています(上掲画像)。

・・・これは、アメリカでの反応から察していることですが・・・

二冠ながらもASUKAの人気は、それほどでもない、というのが現状です。

これは単純に、ニホンジン、ガイジン、というアメリカの保守派傾向のためですね。

ようするに、ASUKAは、いまもう、いつキャリアを終えてもおかしくないようなところで、薄氷を踏むような地点で、絶頂をむかえている・・・という印象です。

WWEからの信頼が、ASUKAをプッシュしているのであって、人気ではない。

だから、シャーロットとの絡みで、ASUKAが王座陥落(もとからベッキーリンチのお下がりだった)したら、どうなるか。

結構、慎重に見てゆかなければならないかもしれません。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m