ニッキークロスが昇格したとかしないとか(2018/11/6 Smackdown)。

(「久々のユナイト」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。表題の通り、すっごくマイナーなネタです。

ニッキークロス(Nikki Cross)と言えばカイリ選手以来の話で、本サイトでもちょくちょくご登場願って来ました。

NXT時代はSAnitYというユニットで、Eric Young、Alexander Wolfe、Killian Dainとつるんでいました。

しかし今年(2018年)4月17日、スーパースターシェイクアップ(Superstar Shake-up)で、男3人だけSmackdownに昇格。

ニッキーさんだけ、NXTでひとりSAnitYをやっていました。

今考えると、そこで評価されたのはニッキーさんの方だった、という気がしないでもない。

(以下、画像出典はWWEです。)


・突然Smackdownに現れた。


”ひさしぶりだな、おい。

あいつ(ベッキーリンチ)、

倒そうぜ!!”

みたいな感じ。

そのひとりSAnitYの名をほしいままにしていたニッキーさんでしたが、今回(2018/11/6)のSmackdownで突如登場。

ロンダラウジーのマイクを受け、サバイバーシリーズのためマイクをしに出て来たベッキーリンチに挑戦した・・・というか因縁をつけに来たのでした。

で、メディア界隈では、ニッキークロス昇格か!?というウワサが一気に飛び交ったのですが・・・。

折しも、カイリ選手がベルトをシェイナバズラーに返して、バズラーのNXT残留が決まった直後だったので、説得力もあったわけです。


・そうじゃないだろう、という反応。


ベッキーリンチに

遊ぼう、遊ぼうという

ニッキーさん。

アラレちゃんみたいだな。

しかし、昇格ではないだろう・・・というのが大方の意見です。

CagesideSeatsから記事をどうぞ。

今回Smackdownで、ニッキークロスが現れた。

それが「昇格」といってよいのか、分からない。

ニッキーはNXTでは、まだ大忙しだ。

それに対しSAnitYは・・・影が薄い。

Honestly, I’m not sure how a call-up makes sense. Cross is involved in two high-profile NXT programs (as the person who revealed Aleister Black’s attacker (we think), and feuding with Bianca Belair). SAnitY is… not on television

たぶん、MainEventひらくと、 SAnitY出まくってるような気がします。

結局、今回のSmackdownがイギリスのマンチェスターで収録されていたため、ご当地レスラーとして、アイルランド出身のベッキーリンチに合せて、スコットランド出身のニッキークロスさんが呼ばれた・・・というのが実情みたいです。


・敗けた(ニッキーさんが)。


めずらしくタップする

ニッキーさん。

試合の位置づけとしては、ベッキーリンチに与えられたアングルで、彼女の強さを見せつけるものでした。

それとしては、機能していたと言えます。

ただ、痛めつけられれて喜ぶというニッキークロスの変キャラは健在でした。

もっと放送コードギリギリでも良かったかも。

最後はディスアームハーで、ベッキーリンチが勝っています(上掲画像)。

うーん、ロンダラウジーの相手としてはまだまだベッキーリンチは役不足かな。

まだレッスルマニアに時間ありますから、それまでにアスカvs.ラウジー、ぜったい入るでしょうね。

それが楽しみです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m