いい試合だった・・・(NXT TakeOver:NewYork)

(「アダムこーるベイベー」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WWEのPPVなんて生でみたら体力持たないので、当然、録画をWWENetworkで飛ばしながら見るんですけれども・・・(試合によっては「ここで決まる」とか書いてある)。

盛り上がってましたね、すごく。

(以下、画像出典はWWEです。)


・いい大会だった。


最後はジョニーガルガノが
ジョニーレスリングで
空位のNXT王者を戴冠!!

マウロラナーロ(有名な双極性のアナウンサー)が「バークレイズセンターは新記録の観客動員数です!!」と連発していたので、本大会、大成功だったみたいです。

WrestlingObserverでも軒並み「みんないい試合」と言ってました。

メインは「そうだね~・・・もうNXTの顔だねこのひと」的な、ちっこいけどムキムキのジョニーレスリングことジョニーガルガノvs.あのアダムコールべいべーでした

チャンプはチャンパで有名な(このサイトだけ)トマソチャンパが、首の手術に入って娘(息子?)とよいパパやっているので、空位の王座をかけ、この2人の試合が行われたのです。

アダムコール、ひさびさですけれども、あれですね、衰えることもなく、CMパンクみたいなオーラ放ってました。

ジョニーレスリングは100人いたら100人応援したくなるようなキャラなので、要するに、このメインはよかったです。

ちっこい、という点を除いては。


・じゃあ、デカければよいのか?


ウォルターは出てくるだけで
空気を変える。

じゃあ、デカい選手がよいのか?

いまやすっかり寒くなくなったNXT UKも、ウォルターvs.ピートダンの王座戦が行われました。

ウォルター、デカい・・・けど、つまらなかったかなあ。

タイトルチェンジがあって、ウォルターが戴冠したのですけれども。

同じ印象を(デカさじゃないけど)、ベルベッティーンドリームvs.マットリドルにも感じました。

マットリドルつまんないね。

やっぱり総合の選手、おもしろくないよ。

関節と投げしかしないし、動きがショーアップされていないから。

WWEも無理して、UFCと接続する必要ないとおもう。


・ようやくKUSHIDA


お決まりの新しい選手
紹介法。

・・・で、ようやく、くっしー登場です。

この時から音信不通(いや、知り合いじゃないです)だったから、まるまる3カ月ですか。

アメリカに慣れようとしてたのかな。

手続き大変そう。

あ~~やっぱりNXTか~~~~。

初めから205Liveはイヤだよな~~~~。

すっかり左遷ブランドの名をほしいままにする205Liveでした。

・・・・・

あれだよね、TakeOver盛り上がるのは、やっぱり「まだ明日がある!(今回はあさってのレッスルマニア)」っていう観客のワクワク感があるからだろうね。

というわけで、とってもよいショーでした。

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m