素で見たかったTakeOverChicago(遅すぎ)1:リコシェvs.ベルベッティーンドリーム。

(「日曜大工」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。あんまり見れていないんですけど、最近のNXTは本当に素晴らしくて、昇格したらフィンバラーと絶対キャラ被るアリスターブラックを始め、カイリさんを出し抜き卵なシェイナバズラー、カイリさんと謎のダークタッグ進行中ニッキークロス、変態まるだしベルベッティーンドリーム、みんな大好きリコシェ・・・と本当に飽きさせません。あとアダムコールね。

というわけで、NXTシカゴ、単純に見たいので見ました。

趣味まる出しですみません・・・たぶん、ちょっと長めの連載になると思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・日本人選手出なくても面白いものは面白い。


もと#DIYのふたり。

この抗争がよいよいって、

みんな言うんですよね・・・。

向かって、

左:ジョニーガルガノ(Johnny Gargano)、

右:トマソチャンパ(Tommaso Ciampa)。

今回のテイクオーバーシカゴ、チケットの売れ行きが悪いなどの情報も流れましたが、最終的にはマネーインザバンクと同じキャパのオールステイトアリーナで11,000人入ったみたいで(マネーインザバンクは15,000人入った)。御の字といったところでしょうか。

ナカムラ選手がバリバリNXTで活躍していたころも、10,000人前後、15,000人くらいで頭打ちでしたよね。まあ、翌日のPPVによって変わるんでしょう。

TakeOver大会は最近、カード編成も独特で、メインがNXTタイトルマッチじゃなくて、上掲画像2人の抗争です(みんながよいよいって言うんですよね・・・)。

実は今回が私、ガルガノvs.チャンパ初見です。

よいよいって言われるまで、スルーしていた2人でした・・・。

とくにトマソチャンパが化けているみたいですね。


・とりあえずリコシェの試合を見る。


腹筋もはや何パック割れ

分からないリコシェと

それをアナウンサー席で

ひっくり返って見ている

ベルベッティーンドリーム。

まずは、リコシェvs.ベルベッティーンドリーム戦から見ましょう。

前見た時も、2人の戦いは最高でした。

試合開始とともにNXT!!チャントで割れんばかり。

すごい人気だ・・・。

ジョンシナが「ベルベッティーンドリームはWWEの未来だ」と発言したことで、さらに話題急上昇中です。


・ベルベッティーンドリームはキャラが素晴らしい。


「おれはプロレスの神だ!!

リコシェとベルベッティーンドリーム、ひたすら戦います。

ベルベッティーンドリームは、とくに技術的に秀でたところがない(そして動きもオカマっぽい)選手なんですが、それを補って余りある魅力があって「なんでもいいから戦っててくれ・・・」という気分にさせてくれます。

ベルベッティーンドリーム、本当に上手く育ててほしいですね。

ミズのラインに載せられたら最高なんでしょうけど、失敗するとアダムローズやノーウェイホセとか、あれだ・・・ファンダンゴみたいになっちゃいそうです。


・勝ったのはリコシェ。


トップロープで

ベルベッティーンドリーム

のまねをする。

どっちが勝っても良かったんですけど、最後は、シックスサーティ(630°senton)でリコシェが勝ちました。

20分ほどのWWEでは長めの試合。

いやあ、面白かった。

レスリングオブザーバーの評価では、★4.25でした。これは私も納得です。

ベルベッティーンドリーム、がんばってほしいなあ。

リコシェも、行儀良いネヴィル氏みたいな感じだから出世するでしょうね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m