オカダカズチカがIWGP王者に!(WrestleKingdon16)

レインメーカー!
(以下、
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

2022/1/4, 東京ドームでレッスルキングダム16(WK16)が開催されました。

コロナ禍ということもあり、観客は12,047人と、ふるわなかったみたいです。

ただ、新日本プロレス・・・アメリカでのAXS放送権獲得したみたいですね。

参考:WEEKLY NJPW SHOWS RETURNING TO AXS TV

元鞘(もとサヤ)ってやつです。


・どんな試合だった?


旧IWGPベルトを持って出てきたオカダ。
あんまり、このアングル発展しなかったように
みえますが、
結局どうなったんですか?

去年(2021年)のG1覇者・・・はたして飯伏幸太だったのか、オカダカズチカだったのか・・・

ブックの真相は明らかではないですが・・・

なんだかんだいって新日本プロレスを代表するオカダカズチカが、東スポ大賞にも輝いた鷹木信悟を破り↓IWGP王者に返り咲きしました。

参考:【プロレス大賞】鷹木信悟が初MVP! 武藤との “山梨対決” 制し「身が引き締まる思い」

・・・まあ、鷹木信悟は、やり尽した・・・ので後悔はないでしょう。

で、試合ですが、35分くらい・・・

う~ん、いい試合だったんだけど、やっぱりコロナ禍で”拍手”ってのがシラけさせましたね。

試合は、鷹木信悟の連続技(技がまだ浸透していないので、なにかけているのか、わからないんですよね・・・)をオカダカズチカが耐えきり・・・

最後、オカダカズチカがレインメーカー→フォールで勝利しました(トップ画像)。


・ウィルオスプレイ


ウィルオスプレイ、
マイクうまくなったね。
それにしても、
新IWGPのベルトって、
めちゃくちゃ格好悪いですね。
(オカダカズチカがリング上でつけている
ハート型のヤツ)

試合後に出てきたウィルオスプレイが、いい味出してました。

こんなこと言いました↓

ウィルオスプレイ「暫定王者おめでとう!」

ウィルオスプレイ「いや~、チープなベルトだね!」

ウィルオスプレイ「おれのが本物!(なぜか同じのを持っている)」

ウィルオスプレイ「明日、勝つのオレだからな!」

ウィルオスプレイ「じゃあ!ばぁいばぁ~い!」

けっこう、わかりやすい英語選んでいるとおもうので、日本人のお客さんにも伝わったとおもいます。

それに対して、オカダカズチカが二言三言英語で返していたんですけど、それはウィルオスプレイが帰って行くところでした。

ここで、オカダカズチカとウィルオスプレイがリング上で、ちっちゃい漫才(ウィルちゃん、カズちゃん、みたいな)英語でしちゃっていいとおもうんですけどね。

簡単に台本つくっておけば済む話ですから。

そのひとひねりが欲しかった。

オカダカズチカの、すっとぼけたキャラをもっと引きだしてほしいとおもいます。

そうおもった初日でした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m