ベッキーリンチの負傷ってアングルだよね?(2018/11/13 Smackdown)

(「ワテやって!ワテやろ!?」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

突然のカード変更という悪趣味を身につけたのでしょうか?

今回(2018/11/18)のSurvivorSeriesは、

① この前記事にしたダニエルブライアンのタイトル奪取(つまりレスナーの相手はブライアンに変更)に重ね、

② ベッキーリンチ(Becky Lynch)の欠場・・・のため、ロンダラウジーの相手まで変更・・・

となってしまいました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・RAW襲撃アングル。


ナイアジャックスに殴られる

ベッキーリンチ。

右ストレート!!

季節の風物詩ともいえるSmackdownによるRAWの襲撃アングル。

今年はエボリューションもあった女子デヴィジョンで行われ、2018年11月12日のRAWで開催(?)されました。

しかし、RAW襲撃の最中に、Smackdownを率いていたベッキーリンチが、ナイアジャックスに殴られます(上掲画像)。


・本当に負傷したの?


直後のベッキーリンチ。

・・・これ、アングルにするには相当、特殊メイクの技術いるぞ・・・という感じなのですけれども、ナイアの右ストレート食った直後のベッキーリンチは、上掲画像のとおりでした。

ルチャリブレだと女子選手でもボコボコに出血させるのですが、ディーバ由来のWWE女子では普通、こういったキズモノ系は起こりません。

これ、アングルなんですかね・・・?

アングルだと思うのですが・・・。


・そんなこんなでベッキーの代役がシャーロットに決定。


ビジネス成立!!

相変わらず変なシャーロット。

そんなこんなで、負傷したベッキーリンチの代役を誰が務めるのか?というのが11月13日のSmackdownの議題でした。

女子選手が一斉に出て来て、その中からベッキーリンチが選ぶ・・・というアングルが組まれたのです。

アスカ(ASUKA)選手の前に来た時、観客の歓声がひと際大きくなったんですけれども(本記事トップ画像)、ベッキーはスルー。

これちょっと面白かったです。ひさびさにアスカっぽい場面だったな、と。

本人もオイシイと思っていたかも知れません。

結局、シャーロットが選ばれ、今回SurvivorSeriesで、ロンダラウジーの相手になることになりました。


・ほんとにそれでいいの?


当日(2018/11/13)の

ベッキーリンチ。

ただ、ここでシャーロットとロンダラウジーが実現するのは大いに問題ありなんです。

というのも今年4月、アスカ選手がレッスルマニアでシャーロットに負けた時、それは「次のレッスルマニアでロンダラウジーの相手をするのはシャーロットしかいない!」という上層部の決定があった、と考えられているからです(この記事参照)。

こんなちっこいPPVで頂上決戦(ラウジーvs.シャーロット)を実現させてよいのでしょうか?

ひとつの見方としては、ここでラウジーとシャーロットの間に深い因縁を生じさせるのが狙いかも知れない・・・ということです。

その後、ベッキーリンチが何かしらの形で絡んでラウジーの犠牲になり、シャーロットに「トモダチの敵!」みたいなモチベーションを与える・・・という風に話は進むのではないでしょうか。

個人的には、その話の中にアスカ選手絡んでほしいですね。

そんな風に思っています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m