とりあえずブライアン。(2018/11/13 Smackdown)

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

あれっだけ望んでも(vs.ジンダーマハル)、望んでも(vs.AJスタイルズ)、ナカムラ選手が獲れなかった、そしてそのために冴えない今の境遇がある、WWE王座。

それを、ちっこいダニエルブライアン(Daniel Bryan)が獲りました。

なにやらかしたのでしょうか。

見てみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・なんでタイトル戦になったの?


ポールヘイマンが介入マイク。

話の流れは結構、複雑で、今回(2018/11/13)のSmackdownが、AJスタイルズの登場で始まり、AJの試合(vs.ダニエルブライアン)で終わる、という構成でした。

まずショーの冒頭で、AJスタイルズがマイク。

これは現地時間で日曜(2018/11/18)、SurvivorSeriesがあるため、そのプロモをしに出て来たのでした。

しかしそのAJのプロモマイクに、ブロックレスナー(RAWのチャンピオン)の代理人として、ポールヘイマンが介入して来ます(上掲画像)。

詳細を端折って言っちゃうと、そこでポールヘイマンが「ダニエルブライアンの方が、SurvivorSeriesでレスナーの相手に相応しいんじゃないの?」というマイクをするわけです。


・それを受けてダニエルブライアンが登場。


ああWWEは

この二人のフュード(抗争)

加速させたいのかな。

ポールヘイマンのマイクを聞いていて、ダニエルブライアンが登場します。

復帰直後はイヤになるほどベビーだったんですが、今はすこしヒールも入るくらいの険しい表情。

で、ブライアンが「何でオマエらがオレのこと話しているか分からないけれど・・・いちいちオレの名前を口にするんじゃねえ・・・今度口にしたら殴るぞ」というヒールマイクをします。

それにカチンと来たAJがこんなマイクをします。

「オレは本当に、ダニエルブライアンを尊敬するよ。」

このマイクにキレ、AJスタイルズにダニエルブライアンが殴り掛かります。

こうして抗争勃発。

今回のSmackdownのメインで決着つけよう、となったわけです。


・勝った(ダニエルブライアンが)。


股間へのヒザ!!

試合は、WWEのヘビー級もずいぶんちっこい2人で争うようになったな・・・と思いながら見てたんですが、やっぱり芸達者なAJとブライアンの試合ですから、すこしずつ惹きつけられました。

ダニエルブライアン、って何がそんなによいのか未だに分からないんですけど、サイコロジーの表現が上手いですね。

最後、AJがフェノメナルフォアアームを外し、レフェリーをノックアウトしてしまいます。

そのチャンスに、ダニエルブライアンがローブローをかましてしまいます(上掲画像)。

その時のブライアンの「オレ何やってんだ・・・」みたいな表情がシネマチックでよかったです。

で、ローブローでフラフラになったAJに、ランニングニー→フォールでブライアンが勝利。

あのイエス!のジェスチャーもしなく、いい感じになって来ましたね、ブライアン。

そんな感じでSurvivorSeriesは、レスナーvs.ブライアンになりましたとさ・・・。

でもこれ、試合になるのかなあ。

ああ、でもダニエルブライアン身長178cmあるのか。内藤選手と同じ位ですね。もっと小さい選手かと思ってました。

とにかく、SurvivorSeries見てみましょう。個人的には、試合というよりショー的な幕切れになると思います(レスナーとブライアンの試合のことね)。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m