みんなでヒデオイタミを心配する。その2

(画像出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ヒデオイタミイタミヒデオKENTA・・・なんでもいいですが、僕らのヒーロー、ヒデオイタミが窮地に立たされています。

これを書いている内にも、もしかしたら既にリリースされているのではないか、不安で不安で・・・。(←うざいよ)

連載第2回目です。

今回は、直近というほどでもないですけれども、イタミヒデオヒールターンしたと言われるボビールード戦を振り返ってみたいと思います。

(すみません。いつもどおり試合に入るのに前置き長いので、気長に読んで下さい・・・。ちなみに以下、画像出典はすべてWWEです。)


・ボビールード選手とは?


♪グローリアス!なんとか~なんとか~ビクトーリアス!!なんとか~・・・。でーんでででーんでーん!!!

という選手です。

個人的には、お立ち台でクルクル回りながら登場するバージョンの方が好きなのですが、とにかく芸風を確立している良きレスラーです。

実質的にNXTにおけるシンスケナカムラ選手の後釜を任された人で、実際、それだけの器量はあったと思います。(いまはもうSmackDownLiveに昇格しています。)

・・・と、ここまで言って顔を見せてなかったので、フロントどうぞ!

シンスケナカムラに「柴犬」と呼ばれていました。


・試合前の因縁。


と或るNXTの放送回。

観客の前でボビールード選手が「チミたちはワタシの観客としては不十分なのだ・・・」とグチ演説をしていると、入場曲と共にヒデオイタミが入って来ます。

ツカツカ・・・。

ルード「あ?なんだコイツ・・・?

ぶゎちこーん!!

ルード「ぐふっ!?

・・・ここまでヒデオイタミのセリフはひとつもありませんでした・・・。


・もうちょっと彼のキャラを考えてあげて!


書いていて思ったのですが、WWEのライターは、ヒデオイタミビートたけし監督作品に出て来る刑事みたいにしたいのかな、とちょっと思いました。

ただ、上手く行ってないで、それ、いまのところ。

ヒデオイタミ全然さいきんセリフないじゃん。

なんで、フナキ氏が通訳(↓)なったん?

なんか最近、ヒデオイタミ、ゴリラみたいやで・・・。

では、次回に続きます。