ナカムラシンスケとサミゼイン(2022/2/11 SmackDown)

InZaynという
トークセグメント。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

なんだかんだいってロースター、しかもSmackDownで、ほぼ毎週TVに出続けているので、ナカムラシンスケは、すごいとおもいます。

そんなナカムラシンスケですが、ようやくサミゼインとの対決アングルが、最終局面に突入しました。

ナカムラシンスケの保持するインターコンチネンタル王座に、サミゼインが挑戦する、というアングルです。

一時期は、これがレッスルマニアのカードになる・・・ともウワサされていました(このあたり)。

(以下、画像出典はWWEです。)


・InZayn


リックブーグスが怒って(なにか話そうと)
マイクを取ろうとした瞬間、
電気がビビッと流れた。

サミゼインは、現在WWEで結構オイシイ立ち位置をあたえられていて・・・

InZayn(InSane=正気でない、という意味)というトークセグメントも持っています。

そのゲスト、というか割り込み、として今回、ナカムラシンスケとリックブーグスが登場しました。

こんな感じ↓でした。

サミゼイン「おお!おお!ナカムラシンスケ!」

サミゼイン「キミは、ずっとオレを避けてたよね!」

サミゼイン「オレが、インターコンチネンタル王座のNo.1コンテンダーだってのに!(らしいです。どこで、その権利得たのか知りません)」

ナカムラシンスケ「・・やあ、サミゼイン・・・。」

ナカムラシンスケ「映画見た?」

サミゼイン「映画って、あのノックスビルの野郎のか?」

サミゼイン「Jackass: Forever?」

ナカムラシンスケ「ちゃうちゃう、Jackass: Defeated(ジャッカス=マヌケ野郎が打ち負かされる)!

Jackass(ジャッカス)知らないひとは↓どうぞ。

参考:ジャッカス(Wikipedia日本語)

・・・んで、ナカムラシンスケにコケにされて↓サミゼインがブチ切れます。

サミゼイン「てめ~!!」

サミゼイン「むかしオレと仲良かったじゃんか!」

サミゼイン「それがなんだ!そんなギターゴリラ(リックブーグスのこと)連れやがって!」

これを聞いてリックブーグスが割り込もうとしますが、マイクに電流が流れて失神します(上掲画像)。


・ヘルヴァキック


Helluva Kick !!
(ケンカキックのこと)

ナカムラシンスケが、おいブーグス大丈夫か?みたいにしているところを・・・

サミゼインが奇襲して、ヘルヴァキックでKOします(上掲画像)。

これで、このセグメントは終了になりました。

・・・まあ、これだけの芸を身につけるのは大変なんでしょうね(英語使う、時間制限内に納める、カメラアングル守るetc, etc…)。

いまとなっては、ナカムラシンスケのレスラーとしての技量は、新日本プロレス時代とは比べられものにならないレベルに達しているとおもいます。

それはともかく、このサミゼインの抗争、とくにインターコンチネンタル王座戦が終ったら、どうなるでしょうか。

私が望んでいるのは↓こんな感じです。

① ナカムラシンスケがインターコンチネンタル王座落す。

② NXT2.oにカリスマとして復帰。

③ トマソチャンパあたりと渋い抗争。

まあ、実質的には降格なんですけど(そして若手プッシュのNXTでナカムラシンスケがベルトを巻く、というのも想像できないんですけど)・・・

ナカムラシンスケ=NXTなので・・・

もう一度そこで価値を高めて、半年くらい期間を置いて、ロースターにサプライズ復帰するのがいいとおもいます。

そんな感じです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m