内藤 vs. ジェリコ(1):気づくとジェリコの話に成る。

(出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。新日本プロレス今年の目玉とも言われている内藤哲也選手 vs. クリスジェリコ選手ですが、2人の対戦はどのように実現するのでしょうか。個人的な興味もあり、まとめて行きたいと思います。

連載第1回目です。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・抗争の勃発。


ビチッと!!

周知のとおり、内藤選手とジェリコ選手の抗争は、1月5日のNewYearDashで起こりました。

前日メインを務めてボロボロの内藤選手に、セミファイナルを務めてボロボロのジェリコ選手が、おしゃれなマフラー(©ケンソー) をたしなみながら、襲い掛かる!


・ジェリコの口撃!


SNSの使い方が半端でないジェリコ選手のツイートのどこから「内藤絡み」が始まったのか分かりません。

ただ記憶にあるのは、WK12の1か月前(12月3日)のこの(↑)ツイートです。訳します。

ナイトー、お前誰か知らんが、勘違いすんな。世界基準で見た、レッスルキングダム12のメインは、オレとオメガだ。

すこし日本語変なのは、スペイン語翻訳が分からなくてトラウマに成ったからです(下記参照)。


・スペイン語対決止めて・・・。


その後、内藤選手とジェリコ選手は、スペイン語の対決に入って行きました。

何言っているのか全然分からなかったんですけれども、泣きそうに成って探していたら、新日本プロレスのサイトが、上手くまとめていました。さすが!

ジェリコ「おい、内藤。東京ドームで主役の座を奪われ、俺にぶっ飛ばされて、誰が新日本プロレスの本当のミスター・メインイベントが分かっただろ。背後に気を付けるんだな、内藤。」

内藤「やあ、アミーゴ。背後?どこにいるんだよ?早くしてくれよ。ハハハ。」

ジェリコ「やあ、内藤!スペイン語を話せるんだね。素晴らしい。それならこれは理解できるか?お前をぶっ飛ばしてやるよ。」

そう言ってたのかー!

でもこれ以降、2人のストーリーの展開は無いようです。

理由は、急いで内藤 vs.ジェリコをやらなくても、海外興行は十分成功しそうだ(例えば直近の2018年3月25日 Strong Style Evolved)と、新日本プロレスの幹部が気づいたからのようです。

さすが、オーナー木谷。


・でも、ジェリコは止まらない!


MaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaN!!

内藤戦が、とん挫していてもジェリコの溢れるアイデア(というか金儲け)は止まりません。

オメガ戦が決まってからのアルファクラブのTシャツ販売見ていてムカムカしましたけれども、ジェリコは本当に商才爆発タイプで、今年の終わりに、なんか、船の上でプロレス観戦ツアー(船どっかに行くの?)をしようとしているようです。

出演陣は、WWE系に、バレット倶楽部系、そして新日本外人系が混じったような感じです。くわしくはこちら

うお!結構もう、

埋まっている!(横線の所※)

(※N/Aは、安くて買われちゃうから、わざと遅らせているんだろうと思います。)

Fozzyを初めバンドのライブ、あとお笑いも、やるみたいですね。


・気づくと、ジェリコの話に成る。


というわけで、内藤選手とジェリコ選手、ちょっと内藤選手、いまのところ分が悪いです。

相手が濃すぎる・・・。

内藤選手は「トランキーロ」から、もう一段ギアを上げないと、濃すぎるMaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaN!に全部持っていかれてしまうかも知れません。

ジェリコ選手と並べると、本当、内藤選手、おとなしい日本男児に見えてしまいます。しかしそれを打ち破らなければ、東スポ3冠の偉業は成し遂げられません!

がんばれ、内藤選手!!

・・・・・

というわけで、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m