ロイヤルランブル1夜あけてのアスカ選手。

(「おもったよりショッぱい画だな・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。2018年ロイヤルランブルは上掲画像のような男女ダブル制覇で、日本も熱狂の渦に巻き込まれました・・・と言いたいところなんですけど、やっぱり「何それ?」というのが普通のかたの感想だとおもいます。いや、快挙だったんですよ。

これから4月のレッスルマニアに向けて、まだ2か月たっぷりあるし、WWEネットワークの会員数も日本から、かなり増えるんでしょうね。ビンス、してやったり。

今回は、そんな興奮冷めやらぬWWEで、もっと興奮冷めやらぬなのに翌日駆り出されたアスカ(ASUKA)選手の動向をお伝えしたいと思います。


・ひと晩あけてのRAW。


(「でかいステファニー」出典:WWE)

昨日の今日の話なのに、早速RAWに駆り出されているアスカ選手です。

しかも始まって直ぐの登場。

テーピングもなしで、よく動くな・・・超人だな・・・。

・・・で、めずらしく優し気にステファニーマクマホンが語り掛けます。

ステファーニー「アスカ、コングラチュレーション。あなたが、レッスルマニアに行くのよ・・・!」

観客「わーわー!」

ステファニー「ところで、RAWのシャーロットと、Smackdownのアレクサブリス、どっちに挑戦するの?」

観客「ひゅーひゅー!」

ステファニー「・・・でも、アレクサブリスは選べないかも。」

ステファニー「なぜなら4週間後に、エリミネーションチェンバータイトルを防衛しなきゃだからね(宣伝中)。」

ステファニー「でも今回のRAWはもう、あなたの独壇場よ。」

ステファニー「好きなほうを選んで!」

観客「わーわー!」


・アスカ選手のマイク!


(「どらげー見ている気分にさせる」

出典:WWE)

・・・おっ!

マイクを取ったぞ!!

ついにアスカ選手のマイクが聞けるのか!?

シャーロットとアレクサ、どっちに挑戦するんだ!!??

アスカ「ありがとう、ステファニー。(日本語)」

アスカ「ありがとう、WWEユニバース!!(日本語)」

観客「(よくわからんけど)わ~わ~!」

アスカ「私の旅は、まだまだ、これから始まったばっかりなんですわ!!!(大阪弁)」

観客「(なんか発音変だぞ?)わ~わ~!」

アスカ「私が、ここに来たんわ、チャンピオンに成るためや~!!(大阪弁)」

観客「(もうどうでもいいや)わ~わ~!」

ステファニー「分かった、分かった。(何言ってるか分からないわよ・・・)」

アスカ「At WrestleMania, I will become the champion!!」

ステファニー「(はなし聞け!)」

アスカ「Because no one is ready for Asuka!!」

観客「(ここは分かった)わ~わ~!」


・というマイクでした・・・。


(「上機嫌でサシャバンクスをいじめる

出典:WWE)

・・・という噛み合わないマイクの後、いちゃもんつけに登場して来たサシャバンクス選手を、ありあまった体力で締め上げ去って行ったアスカ選手でした。

というか、シャーロットとアレクサブリスのどちらに挑戦するんでしょうか?

なぞは深まるばかり。

え?

RAWの最後で発表するかもしらないから、最後まで見ろ?

いや~・・・3時間ですよ、3時間!!

かんべんしてください。

というわけで、分かり次第、ご報告します。

とにかく無敵のアスカ選手でした。

・・・・・

それでは。

次回は、2晩あけたナカムラ選手の動向をお伝えしたいと思います。

すごいなー、2人とも。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m