ASUKAとミッキージェームズ(2020/9/7 RAW)

ASUKAとミッキージェームズがタッグ(左)
ナタリアとラナがタッグ(右)
出典:WWE

こんにちは、ヤマガタです。

先週の流れから、タッグマッチが行われました(トップ画像)。

なぜか仲良く組んでいますが、ASUKAとミッキージェームズは来週タイトルマッチが組まれました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・IIconics解散


向かって左のペイトンロイスが、
大プッシュされると、
メディア間で話題になっている。

もう記事化する余裕がないので、ここで押えておきますが、突発的にアイコニクスが解散しました。

先週(2020/8/31)、ルビーライオットとリブモーガンに負けたのが解散の原因みたいです。

SNSベースでは、ペイトンロイスもビリーケイもIIconics愛を語っていたのですが・・・

今回の放送では、完全に仲間割れして、試合をしていました(上掲画像)。

試合は、ペイトンロイスが、2分ほどで勝っています。

ペイトンロイスのプッシュですが・・・

たぶん、みればわかります。

すんごいセクシーになっています。


・ASUKAの試合にもどりましょう


ナタリアは、
本当に、いい選手!

で、試合は、先週のメンツで、ようするに熟女祭りだったんですが・・・

ひっじょーに良い試合でした。

バランスがすばらしく、ナタリア、ASUKA、ミッキージェームズの職人芸が炸裂して、非常にスピーディーで美しい試合でした。

穴はラナなんですが、ここ、サシャバンクスとかに変えたら、すんごいタッグマッチに化けるとおもいます。

ASUKAとミッキージェームズのタッグも・・・(こんなこと言うと)日本のみなさんに100回ビンタされるでしょうが・・・カブキウォーリアーズの100倍良かったです。

なんかね・・・銀座のママさん2人、みたいな感じ。

大人なんだわ、ふたりとも(ASUKAとミッキージェームズね)。


・ASUKA組が勝った


オイシイところをかっさらって
自慢する師匠。

試合は最後、なんかASUKAとミッキージェームズの意思疎通ができなくなって、ミッキーがあたふたするんですけれども・・・

そこをうまーく、ASUKAがかっさらってアスカロックでラナを仕留めました。

ちょっと、今回のタッグマッチは素晴らしかったですね。

目が覚めるできでした。

WWEも、女子部門、本気で発展させたかったら、若い娘ばかりに頼らず、この辺のお姉さんたちに頼るのも手だとおもいます。

色々な意味でレボリューションになるとおもいます。

・・・そういえば、AEWにアジャコング居ませんでしたっけ?

・・・参戦契約だけ↓みたいですね。

参考:Wikipedia日本語版AEW

なにやったかは・・・ちょっと印象ないです。

なんか試合に出ていたような気もする。

まあいいや。

とにかく、今回のタッグマッチは素晴らしかったです。

来週ASUKAの防衛戦です。

楽しみにして待ちましょう。

・・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m