KUSHIDAがクルーザーウェイト王座戴冠(2021/4/13 NXT)

(「桜庭和志をイメージ・・・
パンツね。」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

パッとしない、そのものだったKUSHIDA。

ここにきて大きな転機です。

クルーザーウェイトの王者になりました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・サントスエスカバー


サントスエスカバー(Santos Escobar)。

クルーザーウェイトというと205Liveブランドなんですが・・・

実質的に、メインのところはNXTでやっていて、205LiveはいまはクルーザーウェイトのMainEvent扱いとなってます。

だれも見てないとおもいます。

で、NXTでクルーザーウェイトを宣伝していたのが上掲画像のサントスエスカバー。

メキシコ系のレスラーで、ここら辺で扱ったかな・・・とおもったんですけど、完全ノーマークでした。

ほんとう、だれかわからないです。

ただ、いっつも上掲画像のマイクはしていました。

で、今回、NXTは火曜日に移って第1回目だったんですけど、その記念すべき一回目にオープンチャレンジしてやるよ・・・

・・・みたいにサントスエスカバーが言っていたところにKUSHIDAが登場します。

ようするに、やっぱりアングルなし、でした。


・KUSHIDAが戴冠


丸め込みで勝った。

どちらかというとギャグっぽい試合でした。

KUSHIDAは、本当にWWE移ってから、キャラが決まらないんですよ・・・。

最初、ジャパニーズセンセーションで、尊敬の対象だったんですけど・・・

・・・だんだん、それがなくなって・・・

・・・ベルベッティーンドリームのところでヒールターンするとおもったら、しないで・・・

・・・最終的に、変なおじさん(トップ画像)。

完全に、トザワの道をあとからたどっているんですよね。

というわけで、トザワにつづいてクルーザーウェイト戴冠です。

これで24/7王座要員を、交わして・・・いや、昇格せずに、このままクルーザーウェイトでNXTでやった方がいい、と私はおもいます。

でも紫雷イオも昇格しそうですからね・・・

・・・あんまりいい兆候だとはおもってません。

ただ、WWEは、めぐりめぐって、KUSHIDAをようやくクルーザーウェイトに落ち着けることを選んだみたいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m