ASUKA vs. リアリプリー決定(2021/3/22 RAW)

(「とりあえずASUKAのシングルマッチが決定
という点で、喜ぶべきでしょう」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回のRAWはアンドラーデリリースの脈絡で、実は私自身も、非常に注目していました。


・Sportskeeda


今回(2021/3/22)
リアリプリーが昇格初見参。
紫雷イオの同期で、
一番の出世頭。

今回のアングル、というよりダートシート界隈で、一番いい仕事をしていたのが、Sportskeedaでした。

参考:WWE being secretive about the status of Charlotte Flair – Reports

どんなことが話されていたかというと・・・

✔ アンドラーデリリースにおいて恐らくアンドラーデを擁護したシャーロットも、タダでは済まないだろう。

✔ 時系列的に一番注目されるのが、直近のRAW。そこで、リアリプリーがASUKAに王座挑戦でもしたら、シャーロットが干されたのは事実。

結局、このとおり↑になりました。

リックフレアーから脈々と紡がれてきたシャーロットの対ASUKAストーリー(恐らくレッスルマニアで戴冠)は、パアになってしまったのです。


・いや、ウソだろ。


すぐ下でファンが反応しているとおり
「それがアンドラーデへの報復としてアンタが受けた仕打ちだろ?」
というのが正直なところ。

シャーロットがレッスルマニア除外されたのは、表向きには、コロナに感染した、というシャーロット自身のTweet(上掲画像)でごまかされました。

でも、ロマンレインズの白血病だって、アングルでしたからね。

ここら辺は、メディアも含め業界全体で隠すんでしょう(デイブメルツァーとかも、ロマンレインズの白血病あたりになると口をつぐむ)。

というわけで、触れてはいけない点、としてシャーロットはコロナ感染した、ということにされるとおもいます。

・・・いずれにせよ、ASUKAがレッスルマニア出場決まったということのほうが快挙です。


・取ってつけたように・・・


とりあえず、リアリプリーがASUKAに挑戦した経緯をふり返っておきましょう。

今回のRAWで、ASUKAは、ペイトンロイスと試合しました。

けっこう長い試合でしたが、ASUKAロックでASUKAの勝ち。

その後、リアリプリーがRAW初見参します(上掲画像)。

リアリプリーのマイク↓

リアリプリー「ASUKA、あんたの成し遂げたことは尊敬するよ・・・」

リアリプリー「・・・で、レッスルマニア、シャーロット挑戦表明してたじゃん・・・」

リアリプリー「でもアイツ、さっきTwitterでコロナにかかっちゃったって言ってたよ。」

リアリプリー「・・・で、どう?」

リアリプリー「公式表明です。レッスルマニアで、私が挑戦するってのはどうだい?」

ASUKA「おっしゃ!やったろやないけ!!〇×▽■!!!

・・・みたいな感じでした。

ASUKAのマイク知っているひとなら、雰囲気つかめるとおもいます。

ASUKAさん、日本にいたときから、こんな感じだったんですか?

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m