紫雷イオ組 vs. ラケルゴンザレス組(2021/3/24 NXT)

(「机が壊れなかったから
余計痛かったイオさん」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

NXT TakeOver: Stand & Deliverは、まだ会場が発表されていませんね。


・紫雷イオ組 vs. ラケルゴンザレス組


パワーボム!!
チョークスラム気味に、
かなり高いところから落とす。
片翼の天使みたいな担ぎ方する。

今回、NXT TakeOver: Stand & Deliverの前哨戦、ということで・・・

紫雷イオ&ゾイスターク

vs.

ラケルゴンザレス&ダコタカイ

・・・というタッグマッチが行われました。

均衡のとれた、よい試合だったとおもいます。

位置づけ的には、無駄に美人なラケルゴンザレスに脚光を浴びせるのが目的なので・・・

パワーレスラーとしての彼女の魅力が引きだされていました。

・・・う~ん、長身レスラーと噛み合わないようにみえる紫雷イオですが、どうでしょう、TakeOver名勝負になるんでしょうか・・・?

試合は最後、ゾイスタークをラケルゴンザレスがパワーボム→フォールで下しました(上掲画像)。

試合後、ラケルゴンザレスとダコタカイの分裂アングルもあるかな、とおもったんですが、なかったです。

その代わり、紫雷イオに対する、ラケルゴンザレスのパニッシュメントタイムがあり・・・

紫雷イオは、アナウンサーテーブルに、パワーボムで叩きつけられました(上掲画像)。

これ↑いままでのWWEの流れだと、当然、テーブル割れるんですけど、トニーストームの件があったんで・・・

・・・いつもよりテーブルが硬い仕様だったんですよ。

だから、紫雷イオは、そのまま硬いテーブルに打ち付けられていました。

なので、紫雷イオは、倍痛い感じだったとおもいます(トップ画像)。

マフューさんが好物のボッチですね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m