ナカムラシンスケ vs. セスロリンズ(2021/3/21 Fastlane)

(「終始こんな感じ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2021年)3月21日、サンダードームでFastlaneが開催されました。

レッスルマニアのチケットは(何回かに分けて販売されるんですが)即完売だったみたいですね。

参考:Rumor Roundup (Mar. 22, 2021): WrestleMania Universal title plans, Hall of Fame changes, more!


・ナカムラシンスケ vs. セスロリンズ


あっ!!
バックルボム
やってる!!!

今回、本当に久々のナカムラシンスケのシングルマッチがありました。

この前のSmackDownで突貫工事で決まったんですが・・・。

試合は予想通り、セスロリンズのお披露目ショー的意味合いのものでした。

新日本プロレスでも何でもいいですが、日本のプロレスに見慣れていると、WWE見始めて、まず違和感を覚えるのが、カメラワークです。

WWEは、かなりミリセカンドで、試合の動きを決めています。

それに合わせて、カメラワークが起こります。

とくに今回なんかははっきりしていて、トップ画像にあるとおり、ほとんどセスロリンズの表情を追っています。

つまり、ジョバーとは言いませんが、ナカムラシンスケは引き立て役だったわけです。

・・・試合は、15分もいかず、カーブストンプ→フォールでセスロリンズが勝ちました。

おそらくは本命の抗争相手セザーロの試合後介入も考えられていたでしょうが、今回登場はありませんでした。


・アンドラーデリリース


たぶん、このカップルは、
シャーロットの方が
やる気あるんだとおもう。
シャーロット34歳、
アンドラーデ31歳。
離婚経験のあるシャーロットが、
思い通りになる(と言ったらゲスですが)、
年下を選ぶ・・・
というのは外人ならずとも、
年増の女性によくある傾向・・・。
34歳まだ若いけどね。

今回のナカムラシンスケ見て重なったのが、ついにリリースされたアンドラーデでした。

アンドラーデ騒動

アンドラーデ事実を認める

・・・という流れでの速攻リリースでした。

WWEの発表は以下のとおり。

アンドラーデと契約終了します。

コピペで悪いけど「がんばってね」。

Andrade released

WWE has come to terms on the release of Andrade. We wish him all the best in all of his future endeavors.

シャーロットも、アンドラーデの肩をもっているみたいですね(上掲Tweet)。

ただ、リックフレアーとともに”WWEブランド”の一部ですから、シャーロットは強気で上層部に当たれるんだと思います。

つまり、

アンドラーデはいいや。

でも、シャーロットいなくなると、企業イメージが損なわれる。

・・・これがWWEの考えです。企業イメージというのは”ブランド”のことですね。

で、アンドラーデの動きなんか見ていると、WWEの選手には2種類いるのが、よくわかります。

① WWEを活躍の場として選んだ選手。

② WWEが目標で、それでレスラーとして夢を達成した、と考える選手。

後者(②)がナカムラシンスケですね。

アンドラーデやジョンモクスリーなど、ほとんどの外人選手は①の考え方します。

・・・たぶん、ナカムラシンスケは、アメリカでの家族の暮らしとか、お金とか、そっちの思考で動いているとおもいます。

現実的ですが、ファンの目からしたら、物足りないですよね。

私も物足りないです。

結局(ナカムラシンスケは)WWEへの移籍失敗したんですが「惨めな暮らしにはならなかったし、充分甘い汁吸えているから、べつにいいや」とナカムラシンスケは思っているんじゃないでしょうか。

プロスポーツ選手の考え方も変わった、ということでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。