シャーロットがASUKAに挑戦表明ほか(2021/3/1 RAW)

(「ボビーラシュリー vs. ドリューマッキンタイア
になるの?」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

結構うごいたRAWでもありました。


・ボビーラシュリーがWWE王座獲得


トップ画像のとおり、ボビーラシュリーがWWE王座を戴冠しました。

たぶん、このままドリュー・マッキンタイアとレッスルマニアで戦うとおもうのですが・・・

相手はElimination Chamberでキャッシュインして、ドリュー・マッキンタイアからベルトを奪ったミズでした。

たしかにミズがベルト奪ったときも、ボビーラシュリーが絡んでいたので、これで正式にドリュー・マッキンタイアとボビーラシュリーの確執ができた、と言ってもよいでしょう。

ただ私、ボビーラシュリー、どんなレスラーか、いまいち掴めていません。今回も、ミズとの試合をじっとみていたのですけれども、いまいち特徴がわかりませんでした。


・シャーロットがASUKAに挑戦表明


今回のプロモで、
はじめて
シャーロットがASUKAへの
挑戦を表明した。

レイシ―エバンスの妊娠で大きく狂ったアングルが、ASUKA周辺ですね。

一気に距離を縮めて、今回、シャーロットが公式にASUKAへの挑戦を表明しました(上掲画像)。

理屈は↓こんな感じ。

シャーロットリターン後すぐに私はASUKAのタッグパートナーになった。」

シャーロット「でもレッスルマニア、もう4週間前よ!」

シャーロット「私は自分に期待されていることを知っている。」

シャーロット「それは、タッグパートナーだけど、ASUKAに挑戦して、WWE女子王座に返り咲くこと!」

ポイントなんですが・・・

✔ 決裂は示唆されていたものの、最後まで、ASUKAとシャーロットのあいだに決定的な抗争関係は勃発しなかった。

・・・ということがあげられます。

これはASUKAが歯を折ったという負傷問題が絡んでいて・・・

今回のRAWで、はっきりそれは言及されていました。

ASUKA自身はシャーロットの王座挑戦表明をリツイートしただけで、とくにコメントを発していません。

参考:ASUKATwitter

いずれにせよ、これでASUKAのレッスルマニアシングル戦が、ほぼ決定!というわけで・・・

・・・これは、かなりの快挙だと言えます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m