ALL OUT 前(2020/9/2 Dynamite)

(「・・・まあ結局、これに尽きるんだけど・・・」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

AEWの最大興行は、団体立ち上げ記念日みたいなDouble or Nothing(5月)か、独立記念日ALL INを受け継ぐALL OUT(9月)でしょう。

参考:List of All Elite Wrestling pay-per-view events

参考:2019年のDouble or Nothing

参考:ALL IN

というわけで、AEWの最大興行のひとつ、ALL OUTが、もう現地時間の9月5日に迫っています。

(以下、画像出典はAEWです。)


・ジョンモクスリーだのみ


今回のメインイベントは
ジョンモクスリーが、
MJFの弁護士(法定代理人)と、
お遊びマッチをして肩慣らし。

・・・ただ、AEWおもしろくないです。

すでに囁かれている通り、ImpactWrestlingの上位互換でしかないです。

ちょっとCagematchよんでみましょうか。

AEWは、4点だ。

UFCみたいなスポーツライクなプロレスを標榜しているんだろうけどさ・・・

みて、がっかりさ。

TNTのテレビも、フツーのショーだね。

カネのあるインディ―団体ってところ。

EdwardsAJX wrote on 14.07.2020:
[4.0] “”Sports-based presentation” LOL. AEW had a great start, but then has proven to be quite disappointing and their weekly tv show has quickly devolved into a mediocre product. At this point looks like an indie company with a big budget.”

ただ、団体評価は、すこし盛り返してきた感じがはします(いま8.88点。以前は7点台だったとおもう)。

まあ、でも、ジョンモクスリー頼みですわ。

そのモクスリーですが、MJFとの抗争をしているそうです。

すみません、私MJFは、コーディと抗争している頃しか記憶ないです。

みなさんも、そんな感じですよね。

で、MJFの弁護士と、なんか遊んでました(上掲画像)。


・おもしろくねーな・・・


試合が終わったと、
MJFとWardlowが乱入してきて痛めつけられる。
Warlowは知らん。
強いのはわかる。
でもプロレスの場合、
強さは実力の50%くらいしか
必要にならない。

日本のみなさんがみたら、すぐ寝るでしょうね。

ましてやAEWの日本公演なんて、あり得ないでしょう。

結局WWEでなければひとにあらず、みたいなレスラー価値観があるのは確かです。

ただ、アメリカのプロレスファンは、ROHやImpactWrestlingあたりから追っているひともいるので、或る程度のインディーレスラーに興味は持ち続けていて・・・

・・・そこで温度差が出ます。

ジュラシックエキスプレスとか、ですね。

アメリカのひとは好きそうです。あとヤングバックスはスターなのでしょう。

・・・オメガは・・・ほんとうに落ちぶれたな~・・・

もう完全に首脳陣でレスラーとしての魅力がない。

いま、たとえば新日本に戻って来ても、ワ―キャーならないでしょう。

そんなことするくらいだったら、オスプレイとザックセイバーJr.しっかりキャラ立てして、なかなか目の出ないジェイホワイトに、根気強く水をやった方がよいでしょう。

ジェイね~・・・

彼はベビーで育てた方が、ぜったいよかったとおもってます(ここら辺からそうおもっている)。

ちょっと危険なベビー路線で、ぷ女子の人気さらう作戦がベストだったとおもいます。

でも、すこしずつオーラ出てきてますよね。イマイチ、試合でなにを見せたいのかわからないですが。

そんな風におもっています(↑ジェイホワイトの話してました)。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m