スキマ時間(2021/12/10 SmackDown)

このセグメントのつづき。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

ひさびさに(そんなにひさびさではないかも)ナカムラシンスケの試合がありました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ブロックレスナーたちのセグメントが長引いた


試合した、と言っても、ナカムラシンスケはリックブーグスとのタッグで、前回、前々回とおなじくロスロザリオスとの抗争でした。

試合時間は、タッグ戦でおどろきの2分以下。

もう詰め詰めでした。

理由は、その前のブロックレスナーたちのセグメントが長かったこと(この記事)。

ただ、非常によくできたセグメントでした。

サミゼインと仲直りしそうだったブロックレスナーを・・・

(いまはブロックレスナーとは表向き切れているはずの)ポールヘイマンが”ビースト”と呼ぶことにより・・・

ふたたび残酷なレスナーとして覚醒させた、というセグメントでした。

面白かったです。


・すんげえ短い


パッと出てきて、
この距離でう”あ”う”あ”(たぎる)やって、
キンシャサでフォール。
ナカムラシンスケの出番は、
10秒くらい(マジで)。

レスナーたちのセグメントが長引いて、詰め詰めだったんでしょう。

ナカムラシンスケたちのコマは超短縮されていました・・・

いや~・・・ミッドカードが板につきすぎて、痛いです。

もう無理かなあ・・・

フィンバラーが落ち目っぽいので・・・

肉体的にキツイAJスタイルズと組んで、新日アングルやってほしいんだけどなあ。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m