ロマンレインズはどんな風に戴冠したの?(Payback 2020)

(「ポールヘイマンが、ここで復活」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ソニヤデビルの誘拐未遂、アイコニクス解散、石森太二戴冠・・・など、あつかいたいニュースはたくさんあるのですが・・・

目下ストーリーラインで最も重要とおもわれるロマンレインズのユニバーサル王座戴冠を、押さえておきましょう。

本サイトではナイアたちの戴冠だけ報じたPayback(2020/8/30)のつづきですね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ヒールターン


当日になって試合契約にサインした。
→そのまま入場。

今回のロマンレインズ戴冠には、いろいろな要素があります。

✔ ポールヘイマンが復活した(本記事トップ画像)。エグゼクティブプロデューサー解雇(この記事で触れてます)、というマイナスイメージでメディア間で語られていたが、これで正式に復帰。

✔ でもブロックレスナーは、これでしばらくWWEに来ないと判明。

✔ ロマンレインズは、今回の王座戦の振舞いで、正式にヒールターン。ようやく自分の立ち位置を受けいれた、という感じ。

で、ロマンレインズのヒールターンですが・・・

こんな経緯↓だったみたいです。

① サマースラムの介入を受けて、新王者ブレイワイアット、元王者ブラウンストローマンとの三つ巴戦をも申し込まれたが、ちょっと気が進まない、てか、おれが勝つに決まっているし・・・みたいに試合契約をゴネた。

② しかし、それは心理戦で、当日、ブレイワイアットとブラウンストローマンが、互いにボコり合っているとき、突然、登場して参戦(上掲画像)。

・・・と、いかにもWWEらしい、めちゃくちゃな演出でした。


・レインズが王座奪取


スピア→フォール。

・・・というわけで、今回の王座戴冠では、ロマンレインズは、ほとんど試合はしませんでした。

試合自体は、12分ほどの短いものだったのですが、それでも半分以上がブレイワイアット vs. ブラウンストローマンで・・・

コーナーポストからのブレンバスターで、リングが壊れたりしていました。

そんな両者ボロボロのところに、ひょっこりロマンレインズが登場して王座をかっさらっていった・・・という内容でした。

なのでロマンレインズは、これからですね。

まあ、なによりサンダードームですわ。

サンダードームの雰囲気でWWEが完全に華やかさを取り戻しつつある・・・というのが重要だとおもいます。

しばらくイイ感じで放送できるのではないでしょうか。

よくかんがえるわ。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m