ALL IN①:ケニーオメガvs.ペンタエルゼロ!!

(出典:ALL IN)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)9月1日、イリノイ州シカゴのシアーズセンターアリーナ(The Sears Center Arena)で、WWEを自主退団したコーディ(Cody)主催の大イベントALL INが遂に開催されました。

WWE覇権の業界を覆すイベントとして、おおきな注目を集めています。

フタを開けてみれば観客動員数はチケット完売の10,411人、と大成功。(経緯については、この記事をご覧になってください。)

早速、見てみましょう!!

(以下、画像出典はALL INです。)


・こりゃたまらん。


ペンタエルゼロ

(Penta El Zero)

入場!!

最初に見たいのは、つい最近PWI 500で第1位に選ばれたケニーオメガ(KennyOmega)選手と、ペンタエルゼロ(PentaElZero)選手の試合です。

ペンタエルゼロ選手の試合を見るのは初めてです。(←おい)

最近、ルチャリブレ見始めたばっかりなんで・・・。

まあ、出場シーン見ればわかる通り(上掲画像)、超売れっ子のフリーレスラーみたいですね。

AAA、CMLL、TNA(ImpactWrestling)、ルチャアンダーグラウンドなど、ぼこぼこに出まくって、ぼこぼこに稼ぎまくっている選手のようです。

・・・たぶん、こういうフリーのほうがひとり親方みたいで儲かるんじゃないかなあ・・・。ただ、それを必死に阻止しているのが、WWEなんですよね。

そこらへんでしょうね。(←なにひとりで議論してんだ?)


・ケニーオミーガ!!


うおー!!

というわけで旬過ぎる男、ケニーオメガ選手登場です。

解説ぼんやり聞いていたんですけど、ケニーオメガ選手とペンタエルゼロ選手は初対決・・・なのかな?

とにかく会場は直ぐに「ホーリーシット!!」の大歓声でした。

ちなみに、残念ながら、ノンタイトル戦です。

そんなの気にならないですけどね。


・試合は、どんな感じだった?


Cero Miedo(英語でZero Fear)

をやたら観客に言わせるペンタ君。

ペンタエルゼロ選手は、あれですね・・・205Liveのグランメタリックにそっくりでした。

腹出てるんだけど、ハイフライヤーっていう・・・。

で、ルチャっぽい動きしてほしくないな、と思ってたんですけど、そこはさすがに世界を股に掛ける男、アメリカ用にレスリングスタイルを適応させていました。


・試合はケニーオメガが勝った。


片翼の天使→フォール!!

試合は、17分47秒でケニーオメガ選手が勝利しました。

勝ち名乗りを受けるオメガ選手の後ろで、倒れているペンタエルゼロ選手・・・。

しかし・・・

あれ・・・?

停電か・・・?

突然、ブラックアウト(停電)が起こります。

・・・マジか・・・昔のテレビじゃあるまいし・・・と思っていると、数分後復旧。

復旧するんですが・・・


・なんか違うペンタ君立ってるぞ・・・。


突然シャープなペンタ君登場。

突然、シャープなペンタエルゼロがケニーオメガの背後に蘇生して登場。

あ、でも、このパターン。

マスク、どっきり・・・と言ったら・・・(この記事参照)

コードブレイカーをかましてご満悦!

やはりジェリコ!!

腹の出方も、ペンタエルゼロそっくり!!

・・・で、これはどんなアングルかと言うと・・・

・・・アングルもへったくれもなくて、ただジェリコクルーズ(2018/10/27-31)の宣伝に来たみたいです。

ジェリコ「オメガ・・・ジェリコクルーズで待ってるぜ・・・!!」

という完璧な宣伝をしてジェリコは去って行きました。


・フリーの波が来ている気がする。


カメラワークが少しヘボいALL IN

(リング上掃除中)。

というわけでALL IN第1回目は、こんな感じで良いでしょう。

う~ん、プロレス界も本格的にフリーランサー時代到来なんじゃないでしょうか。

”本隊”とも言えるWWEは、いつまで、その旧態依然としたビジネスモデル維持できるんでしょうかね。

逆に言えば、この空気を敏感に察知して、ヒデオ選手やナカムラ選手にも動いてほしいような気もします。

2人のインタビューとかよく読むんですけど、まだ「WWEに居れて幸せ」みたいな少し遅れた発想がある気がするんですけど、どうでしょうか。

でもキャリア形成の観点からしたら、まだ居て、なにか為し遂げたほうがよいのかも知れません。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m