Stomping Groundsは失敗したか?:リコシェ株上昇中。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

前回に引き続き、StompingGroundsみてゆきましょう。

あとひとつ、リコシェ(Ricochet)の活躍をみてみたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・リコシェvs.サモアジョー。


つかみやすい頭をしている
リコシェ。

残念ながら、本戦出場を逃し、またしても前座だった205Live枠(トザワPPV初見参がかかっていた)。

それを無視して、本戦から数えて4試合目がリコシェvs.サモアジョーでした。

あれなんだよね、サモアジョーって見る気しないけど、見ると安定の好試合をみせるんですよね。

サモアジョーとケビンオーエンズの抗争でいいじゃん・・・といつもおもうんですけど、まんますぎるから駄目なのか?

そんなこんなでリコシェ登場。

サモアジョーのUS王座を狙います。

なんかRAWで5人抜きしてリコシェは、この王座戦に辿り着きました。

US王座は・・・ナカムラシンスケが持っていたものです。

ナカメーリカは何回いったの?

1回しか覚えてないや。


・勝った(リコシェが)。


曇りのない笑顔で
喜びを表すリコシェ。

リコシェが最後はいつもの630°で勝ちました。

NXT祭りで昇格して以来、すこし失速していたリコシェ。

一時期JustAnotherGuy(その他大勢)になったなんてメディアに書きなぐられていましたけど・・・

一番WWEっぽい、というかアメリカっぽい感情表現できるんですよね、このひと(リコシェ)。

だから、今回US王座初戴冠でプッシュ確認というのは、けっこう納得です。

サイズ的にはフィンバラーと一番噛み合うんでしょうけれども、この芽をしっかり育ててほしいとおもいます。


・AEWを意識しているのか?


装飾をはぎとった
コーナーポスト。

今回のStompingGrounds、サプライズなどの演出がなくて、すべての試合が一律に15分前後でした。

WWE内でいえば、かなりSmackdownっぽい興行。

直近では、やっぱりAEWの原点回帰プロレスみたいなものを、もしかしたら意識していたのかもしれません。

Jason Powellさんは言ってます。

メインを除けば、けっこう演出をそぎとった硬派なショーだった。

Overall, the wrestlers worked hard and it was a straight forward show before the main event.

このJason Powellさん、ProWrestling.Netっていうサイト運営しているんですけど・・・

・・・RAWやらPPVを、みながら同時進行で記事化していく・・・という非常にストイックな仕事を続けているひとです。

サイトは文字だけ。

この同時進行記事化は、WrestlingObserverとか他サイトよりぶっちぎりで早いですね。

それがウリみたいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m