ASUKAの連敗(2020/1/27 RAW)

(「RoyalRumbleで
シャーロットが優勝した」
ということを踏まえれば
筋がわかるとおもいます」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。


・ちょこっとニュース


エッジのリターン以外、ロイヤルランブルで話題になったのが、バックステージでのマットリドルと、ブロックレスナーの絡みでした。

これはWWEが仕組んだアングルとかではなく、レスナーが素で、マットリドルにムカついている・・・と報じられたものです。

本サイトでは記事化してなかったとおもいますが、マットリドルは、総合格闘技関連で、レスナーとの試合を熱望していました。

・・・そんなこんなもあって、WrestleManiaでは、マットリドルに、とっておきのお仕置きセグメントが計画されているようです。

参考:DAILY UPDATE: BYRON SAXTON, WWE NOTES, PRO WRESTLING NOAH

参考:Rumor Roundup (Jan. 29, 2020): Andrade suspension, AJ Styles’ injury, Matt Riddle heat, more!

あと、NOAHがサイバーエージェント傘下になりました(東スポ)。

・・・借金はどうなったの?田上元社長が、あいかわらず払っているの?


・連敗するASUKA


ベッキーの
ディスアームハー
完全にタップアウトする。

さて、ロイヤルランブルでも、まったくイイところの無かったASUKA師匠です。

観客の盛り上がりも、完全にベッキーよりで・・・

・・・ショービジネスにうるさいWWE首脳陣は、これみて今年のシングルをASUKAに与えることはないでしょう。

焦点はカブキウォーリアーズがWrestleManiaまでもつか、それがすべてです。

いまのところ、いい女子タッグがないので、結構イケると私はかんがえています。

んで、シャーロットとベッキーはシングル要員でしょう。もうひとり・・・リアリプリーあたりを絡めてトリプルスレットとかじゃないでしょうか。

NXTはWrestleManiaに十分枠もらえるみたいですから、シェイナバズラーはシングルで誰かと・・・

・・・あるいは、間に合うなら、ここで紫雷イオも当然、はいるでしょう。

紫雷イオとダコタカイあたり絡め、カブキウォーリアーズでも十分もりあげる・・・か?知名度が、ちょっと苦しい。


・シャーロットには反則負け


シャーロットが
フィギュアエイトしているところに
インセインエルボー!!
この介入で反則負け。

ベッキーリンチに譲ったようなかたちになっているASUKAですが、翌日のRAWでもジョバーとは言わないまでも引き立て役をやらされます。

相手はシャーロット。

前日のRoyalRumbleで優勝していたため(トップ画像)、今回のRAWのメインはシャーロットだったわけです。

だからASUKAが出て来ても勝つはずはない。

しかしかつての無敗の女王を、これ以上、権威失墜させることはできない・・・というポールヘイマンあたりの配慮でしょう・・・

・・・カイリセインの介入(上掲画像)というかたちで、ASUKAは連敗、となったのでした。

これをどうとるかは、むずかしいところですが、いまのところカブキウォーリアーズで行くとおもいます。

よい抗争相手がみつけられればいいんですけれどもね。

NXTにはゴロゴロよい女子選手いるんですが・・・

・・・あれじゃないですか、今年のロイヤルランブル、女子だけほとんどNXT選手だったんですよ・・・

クオリティーの高さがわかります。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m