マットハーディ(2020/3/18 AEW Dynamite)

(「いい登場の仕方でした」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

すでにご存じかもしれませんが、今回のダイナマイト(AEWの番組)で、WWEからフリーエージェント宣言したマットハーディが、AEW参戦を表明しました。

・・・登場シーンは、上掲画像で、バックはピアノ(以前そういうギミックでやってたんですか?)・・・

・・・という、アホらしさ全開で、個人的には100点満点でした。

(以下、画像出典はAEWです。)


・クローズドセット


こっちの方がいいね。

WWEでは、SmackDownそして、RAWと、たてつづけに舞台稽古中ですか?みたいなガラガラ放送をみせられたのですけれども・・・

・・・今回からAEWもおなじく観客シメ出し(クローズドセット)で、ガラガラ放送となりました。

でも、AEWのほうが上手かったですね。

つまり・・・

① 会場は変えないでチタントロンなど、あれば、ずいぶんちがう(上掲画像)。

② あとは、もう完全にテレビ番組の要領で、勝手にウソ歓声とか入れれば完璧(AEWではやってなかったけれども)。

ちなみに今週のNXTの方は試合なしで、なんかトリプルHとアナウンサー(トムフィリップス)がくっちゃべってました。


・マットハーディ登場


ちかくでみると
やっぱりイケメンの
マットジャクソン。

・・・で、肝心のマットハーディですね。

ええと、現在AEWは、ジェリコ率いるTheInnerCircleと、正規軍ともいえるTheElite(オメガ、ヤングバックス、ハングマンペイジ、コーディ)で戦っています。

・・・で、直近で(2020年)3月25日、Blood and Gutsっていう、これ、PPV(ペイパービュー)じゃなくテレビの特別番組やるみたいです。

ここで対抗戦やるみたいで、ジェリコが、おれらに数で勝てるわけねーだろ、みたいなマイクします。

それに対し近くでみるとイケメンなマットジャクソン(ようするにバンダナしないでモミアゲすごい兄)が・・・

・・・おれたちには切り札がいるんだぜ、みたいに言います。

で、マットハーディ登場です(トップ画像)。

腕ひろげて、なにも話しません。

わかってるな~~~・・・という感じでした。

以上です。

ちなみに、お兄さんの、なにハーディですっけ?そう、ジェフハーディ(あのナカムラシンスケと抗争したひと)は・・・

・・・ケガでしたっけ?そこからもどって、前回のガラガラSmackDown(←記事ではあつかっていません)でリターンしています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m