Power Struggle 2018その①:ジェリコvs.イービル

(「イービル救出」出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。時期的に関心はWWEより新日本に傾いているように思われます。

次のレッスルキングダムは、オメガvs.棚橋、ジェリコvs.内藤、オカダvs.ホワイトの3本柱で行くのかな・・・?

ちょっとジェイホワイトが(アピール度的に)弱いかな。

飯伏選手がどう絡んで来るかでしょうね。

オカダvs.飯伏の方が盛り上がると思うのだが。

さて、(2018年)11月3日、大阪府立体育会館で新日本プロレスの興行Power Struggleが開催されました。

大阪府立体育会館、別名エディオンアリーナ大阪のキャパは8,000人まで行くようですが、今回の観客動員数は5,441人。でも色々あって(?)大入りだったみたいです。

それもそのはず、あのクリスジェリコが登場したのですから。

早速、ジェリコvs.イービルのメイン、見てみましょう。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・新日本プロレス参戦三戦目。


6月9日内藤戦でIC戴冠。

① WK12のオメガ戦

② ドミニオン大阪大会の内藤戦

に続き、三戦目の参戦になります。

関係ないけど、ジェリコクルーズ(Chris Jericho Cruise)は、チケットソールドアウトで大盛況だったみたいですね。


・どんな試合だった?


場外DDT!!

机の上!!

ジェリコクルーズが10月の27日から31日まででしたから、ジェリコは今回、その3日後に日本に移動しての強行参戦になります。

WK13のための内藤選手との因縁づくりが目的で、それは本記事トップ画像からも明らかだったんですが・・・。

試合ですけれども、確かにネームバリュー的には、ジェリコの方が圧倒的に強いです。

強いのですけれども、選手としてはイービル(EVIL)の良さが光りました。

結果的に、レスラーとしての身体能力の差を隠すため、ジェリコはいつもの場外戦に逃げざるを得ない・・・(上掲画像)。

・・・これはストロングスタイルか?と問われれば、首をかしげたくなります。

でもマス棚橋でも、ジェリコクラスには言えないでしょうね(オメガには言っている)。


・イービル敗北。


Lion Tamer(ライオン調教師)

ボストンクラブ、逆エビ固め。

内藤、オメガ・・・よりも噛み合っていた、という印象です。

イービルいい選手だなー、と思いながら見ていました。

内藤選手裏切って、ユニット作ってもいいんじゃないですかね、イービル。

でも最初のパレハ(ロスインゴ加入者)でしたよね、確か。

SANADAと離脱してほしいな。

で、あのバレット倶楽部脱退組(OG)と合体してほしい・・・でも、あそこももう、結構数いるのか!

なんて思いました。

試合自体は、20分ほどでジェリコが、ライオンテイマー(上掲画像)でギブアップを奪い、勝利しています。

悪くない試合でしたね。

メインの価値はあったと思う。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m