AEW Full Gear直前まとめ

(「去年のFullGearはこちら
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

ちょっと情報過多になって来たので、いちおう明日のFull Gearまとめ、と称して情報整理しておきたいとおもいます。


1.ジョンモクスリーはKENTAとやるのかなあ・・・


本日(2020/11/7)、新日本プロレスのPower Struggleが大阪府立体育会館で開催されました。

観客動員数は、キャパ8,000人に対して、2,834人だったみたいです。

この雰囲気で、東京ドーム2連戦・・・どうなるんでしょうか。

で、気になった結果。

① KENTAが棚橋弘至を退け、US王者挑戦契約書を保持。

② G1優勝した飯伏幸太から、ジェイホワイトが、IWGP挑戦契約書を奪取(試合に勝った)。

③ 鷹木信悟が鈴木みのるからNEVER奪取。

④ オカダカズチカは無冠のままウィルオスプレイとWK15で試合。

⑤ 内藤はEVILに対し2冠防衛。

・・・てな、ところですね。

気になるのはKENTAかなあ・・・

ジョンモクスリーから音信不通なんですが、このまま行くと、おそらくは新日本参戦最後(US王座返しに来る)ときの対戦相手はKENTAになりそうです。

190 cm (ジョンモクスリー)と、170 cm(KENTA)だぞ・・・(1ケタ切り捨て)。

ちょっと、失礼じゃないか?

オカダカズチカぶつけるくらいのことしないと、いくら律義なモクスリーでも、新日本に見切りつけるきっかけ与えるようなもんじゃないか?


2.そんなモクスリー


エディキングストン(Eddie Kingston)
38歳。
若造ではないね・・・

そんなAEWを引っ張っているジョンモクスリーなんですが、今回FullGearで、エディキングストンというインディー系レスラーと対戦します。

ほかでのモクスリーの試合とか見ていると・・・

たぶん、モクスリーが、キングストンを”推した”んじゃないかな・・・とおもいます。

かなりモクスリーは、インディー系のネットワーク強そう。

で、エディキングストンを、今回のマッチで、スターダムに乗せたいんじゃないかな・・・

ようするに、モクスリーはモクスリーなりの考え方で、プロレス業界を変えようとしているんだと思います。

いずれにせよ、試合みてみないとわかんないですね。


3.PAC戻ってくるみたい


でもドラゲーに思い入れがある。

あと、今回(2020/11/4 Dynamite)、PACのリターンが放送されました。

ビニエット(vignette 自社広告の選手紹介コマーシャルみたいなヤツ)ってヤツですね。

オレは、隔離は慣れているんだ!みたいな自虐ネタ披露していました(ここら辺を念頭)。

そういえばPACも居ましたよね・・・

なんだかんだ言って、一大勢力になってきたんだなあ・・・AEW・・・

日本遠いしね。

英語でマイクできないしね・・・

そう考えると、やはり選手はAEWに流れてしまうかもしれません。

あと、最近気づいたんですけど、やっぱりImpactWrestling人気あるわ。

そんな感じです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m