サマースラム2018②:ジェフハーディvs.ナカムラはマジ勘弁。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)8月19日、WWEの4大大会(※)のひとつ、サマースラム(SummerSlam)が、ニューヨークのバークレイズセンター(Barclays Center)というキャパ15,000人くらいの所で行われました。

(※ロイヤルランブル、レッスルマニア、サマースラム、サバイバーシリーズの4つですが、レッスルマニアは一応、別格です。)

今回は、ナカムラシンスケ選手のUS王座戦(vs.初老のジェフハーディ)を見てみたいと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ちなみに前の試合は久々のデーモンキング。


続きはWWEネットワークで!

ナカムラ選手の試合の前は、フィンバラーvs.バロンコービンでした。

Sportskeedaあたりで「いらない、いらない」とやたら叩かれているフィンバラーですが、今回のデーモンキングは溜めただけあって、良かったと思います。

ちょっとローリングストーンズあたりから著作権侵害の苦情が来そうでした。

1分ちょっとで、スキンにしたコービンを、デーモンキングが撃破しています。

アリスターブラック昇格しそうだから、フィンバラー頑張んなきゃね!

似たキャラ(ブレイワイアット系)、WWE結構、多いですしね。


・早くシンスケ出せ。


はい、出しました。

ちょっと食傷気味なナカムラ選手の入場です。

現US王座は、次なるWWE王座挑戦へのストーリーのための羽休め・・・であってほしいものです。

正直、現在、評価が下り坂なナカムラ選手を蘇生させるのはレスナー戦しかないと思っているのですが、それを組む勇気がWWEにあるか・・・。

逆に言えば、それ(レスナーvs.ナカムラ)をやれば、レッスルマニアメイン級だと思うんですけどね。

ノンタイトルでも、おおいに盛り上がると思います。

とにかく、初老のジェフハーディは、ナカムラ選手とは噛み合わない。

WWEは、去年のジンダーマハルとの抗争から何を学んだのか・・・。

ナカムラ選手は色物に見えて、実は本格派・・・(みんな知っている)。


・試合は結構、どうでもよかったかな。


世界のKinteki

ついに、かわされる。

試合自体は、相手がジェフハーディなんで、面白くなかった、というのが本音です。

観客も「ここは休憩時間かな(次にロンダラウジー登場、そしてメインのレスナーvs.レインズ)」といった感じでした。

私も、この試合でメシとかトイレとか行ってたでしょう。

試合はキンシャサで、ナカムラ選手が勝っています。

とりあえず、ナカムラ選手は次のストーリーに期待ですね。

半端なヒールは最早飽きられているのは明白です。

元の硬派なストロングスタイルに早く戻って欲しい。

とくに海外のファンから、そんな声をよく聞きます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m