ジェリコクルーズ(2020/1/22 Dynamite)

(「ジェリコクルーズのもよう」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

Wednesday Night Warsは第8回目で初めてNXTが逆転しはじめたあたりから、もうAEWダメなんじゃないか・・・

・・・そんな風に思われていたのですが・・・

さいきん、あれよあれよという間に視聴者数を伸ばし、直近、AEWが圧勝しています。

ちょっと、そのカラクリを見ることから始めましょう。


・イベント興行。


第8回目でNXTが初勝利してからの
視聴者数と視聴率の推移。
(見方についてはこの記事参照)

上掲画像は、直近のWednesday Night WarsについてのWrestlingObserverによるまとめです。

参考:AEW RATINGS TOP NXT THIS WEEK, NXT GAINS GROUND AGAINST TAPED SHOW

AEWが年を明けてから、直近4連勝中なのですが、WrestlingObserverは、こんな風に分析しています。

チャートをみるかぎり、NXTとAEWの視聴者数は接近して来ている。

As shown in the chart below, numbers for both shows were very close to their 10-week average.

つまり、AEWが突き放しているわけではない・・・


・イベントのカラクリ。


一度RAWの通常興行の客入りはどのくらいだろう・・・とおもって書いた記事があったのですが・・・

・・・紆余曲折あって、5,000人から3,000人という客入りだという結論に達しています。

これって結構、というか、かなり大変で、AEWには、相当苦しい話でしょう。

でもTNTによる収録があるので派手さを損なうことはできない・・・

そこで出した結論が、毎週イベントという暴挙で、以下のようなスケジュールが組まれていました。

2020年1月1日:AEW Dynamite: Homecoming Edition

2020年1月8日:AEW Dynamite: Anniversary Edition

2020年1月15日:AEW Bash at the Beach、1回目

2020年1月22日:AEW Bash at the Beach、2回目=Chris Jericho’s Rock ‘n’ Wrestling Rager at Sea収録

・・・と、このように直近4連勝は、毎週イベントの成果だったわけです。


・ジェリコクルーズ


マジで4日もやんの?

こういう冷めた目でみると、AEWの真価は、まだ見極められていない・・・というのが現状でしょう。

ようするに通常興行になったとき、どうなるか、まだ分かりません。

たぶん次回、ジェリコクルーズで撮りだめされたの見せられるかもしれません(上掲画像)。

そしたら来週、AEWの視聴者数はガクンと落ちるんじゃないか・・・

そんな風におもっています。

実際、去年のジェリコクルーズおもしろくなかったじゃないですか。

どうなるでしょうか。

しばらく見てみましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m