レスナーキャッシュインなし(2019/6/3 RAW)

(「ウソやん、じぶん・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WWEが視聴者数増加に打ち出した施策が、レスナーのキャッシュインするよ詐欺でした。

レスナーがMoneyInTheBankでブリーフケースを獲得してから、毎回、レスナーくるよ詐欺で、コフィキングストンやセスロリンズを精神的に追い詰めて行く・・・というストーリーラインです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・観客動員数。


問題はこのいつものカメラアングルの反対側。

今回のRAWは、Frank Erwin Centerというテキサス大学のなかにある15,000人はあるアリーナで開催されていました。

205Liveのせいで、すっかり観客動員数が気になる性格になったのですが、15,000人といえばPPVレベルですので、まさか満員とはおもえません。

ちょっとその点も踏まえてお伝えしたいとおもいます。

・・・あ、で、肝心のレスナーキャッシュインですけれども、こんな感じでした。

① キャッシュインはなかった。

② レスナーのチタントロンフェイクは相変わらず。

③ 今回は代わりにバロンコービンが出て来た(上掲画像)。

④ 二度目のチタントロンフェイクで、セスロリンズがバロンコービンに襲われる。

⑤ その後、レスナー登場。

⑥ セスロリンズをギタギタにする。

⑦ ポールヘイマンが、いまキャッシュインしなよ!というのを無視して、金曜だ!(=SuperShowDnow in サウジ)と宣伝。

というわけで、キャッシュインはおあずけ・・・でした。


・観客動員数は3分の2以下かな。


このアングルがWWEの鬼門。
向かって右端に
tarped(黒シートで隠す)
されている。

・・・で、レスナーの話はここまでにして、看板番組RAWの観客動員数ですね。

上掲画像の背景が、その前のバロンコービンとセスロリンズが差し向っている側の真逆になります。

そこがいつもカメラが隠している所で、そこから観客動員数が大体、わかります。

目分量ですが、8,000人くらいだとおもいます。

ただ、インディーズと比べれば、かなり多い人数ですよね。

5,000人は余裕でしょう。

そうかんがえると、WWEが週二回行っている興行の規模の大きさがわかります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m