Double or Nothing③終:オメガvs.ジェリコ

(「このあとアンブローズが入ってきた」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

(2019年)5月25日、Double or Nothingをみています。

開催地は、ネバダ州ラスベガスMGM Grand Garden Arenaという所でキャパは18,000人。満員でよいでしょう。

(以下、画像出典はAEWです。)


・オメガの入場曲は変わっていた。


ジェリコにくらべ、
淡々と入ってきたオメガ。
入場曲は、
なんかコスモっぽい感じ。

今回のメインでもそうですが、AEWはケニーオメガのよきライバルをみつけられるか、で相当変わってくるようにおもえます。

アンブローズ・・・は、たしかに初遭遇という面では興味深いですが、フュード(抗争)にまで発展させられるか。

ようするにオカダカズチカみたいなすごい身体能力のある選手が、もうひとりAEWにいるんですかね・・・という話です。

T-Hawkとかドラゴンゲートに出て来たとき、すごいとおもったんですが、174cmか・・・。

やっぱりドラゲーの選手ちっちゃいんだ・・・。


・負けた(オメガが)。


the Judas Effect!!
ただのバックスピンエルボー。
老体にやさしい。

なにが言いたいのかというと、レッスルキングダムのジェリコvs.オメガと同じです。

ジェリコ自体の身体能力の衰えが隠せないので、オメガマンみたいなハイパー身体能力の持ち主との試合だと、どうしてもいいところ潰されてしまうんですよね。

試合自体は、完全に新日本のそれと変わりありませんでした。

ただジムロスの解説だと雰囲気がぜんぜん違います。

なんか昔の名勝負みている気分になります。

で、試合は、え?これで終りなの??というような、ただジェリコが回転するバックエルボー→フォールで決まりました。

the Judas Effectっていうんだそうです。

入場曲(Judasという名前)にちなんでの技なんでしょうね。


・ここでジョンモクスリー。


オメガを徹底的に攻める!!

これで終りだったら、なんか物足りない。

最後にようやくサプライズがありました。

アンブローズの乱入です。

本記事トップ画像のとおり、ジェリコが勝ち名乗りをあげ、おれが一番・・・とグダグダしゃべっているところにアンブローズ乱入。

ジェリコ自体は、バトルロイヤルを制したハングマンペイジとAEW王座をかけて試合をすることになりますから(そう決まったそうです)、アンブローズはオメガを攻め立てます。

最後、エントランスでオメガにF5みたいなの決めて、放送終り。

これで、観客はフルで満足になったみたいですね。

Cagematchでは、本イベントの評価は9点台と非常に高いものになっています(徐々に低くなってきているが)。

え?

私の評価ですか?

コーディとヤングバックス、好きになれないんですよね。

だからAEW全体が、いまだ好きになれないです。

そんな評価です。

・・・・・

Double or Nothingはこれでいいかな。

むしろこれからどう評価されて行くのかに興味があります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m