ALL IN⑤:あ、もうメルツァーのRating(試合評価)出てるわ。

(出典:ALL IN)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)9月1日、イリノイ州シカゴのシアーズセンターアリーナ(The Sears Center Arena)で、WWEを自主退団したコーディ(Cody)主催の大イベントALL INが遂に開催されました。

飯伏幸太選手のメインについて書いていたんですけど、恒例デイブメルツァーの試合評価(Rating)が出たようなので、見てみたいと思います。

Cagematchコミュニティーの評価も載せますね。


・WON(WrestlingObserverNewsletter)& Cagematch 試合評価


A defeats Bで「AがBに勝つ(defeat)」です。

WONは5段階評価。

Cagematchは10段階評価(今後の投票で変動アリ)。

「(c)」は対戦前のチャンピオン。

「(w/)」は「笑」ではなくて「セコンド(with)」。

今回は申し訳ないですけど、有名どころのみで勘弁してください。

① Cody (w/Brandi Rhodes) defeats Nick Aldis

: NWAというアメリカの団体のタイトル戦。

: WON 4.0

: Cagematch 7.23

② Hangman Page defeats Joey Janela (w/Penelope Ford)

: WON 4.25

: Cagematch 8.10

③ Jay Lethal (w/Lanny Poffo) (c) defeats Flip Gordon (w/Brandi Rhodes)

: ROH世界王座戦。

: WON 3.5

: Cagematch なし(ROHなのに…)

④ Kenny Omega defeats Penta El Zero M

: WON 4.5

: Cagematch 8.53

⑤ Kazuchika Okada defeats Marty Scurll

: WON 4.25

: Cagematch 8.31

⑥ The Golden Elite (Kota Ibushi, Matt Jackson & Nick Jackson) defeat Bandido, Rey Fenix & Rey Mysterio

: WON 4.5

: Cagematch 8.2


・厳しめの評価だったけど注目度は抜群だった。


掃除にいそしむスタッフ。

新日本プロレスに似たスタイルで行われた今回のALL INですけれども、WONでは★×5、Cagematchでは9点台に及ぶ試合はありませんでした。

しかし、本大会にプロレスファンが持った期待は非常に大きいもので、Cagematchのコメントを引用するにも、ひとつひとつが長すぎて、面倒くさくなるくらいでした。

簡潔なのをひとつだけ。

ALL INの評価は8.0だね。

間違いなくインディープロレスシーンのマイルストーン(里程標、行き先と進んだ距離を示すもの)になった出来事だった。

手堅い試合で固められた良い大会だったよ。

Tyler Rollins wrote on 02.09.2018:
[8.0] “a milestone for the indy wrestling and a show solid with awesome wrestling. I really enjoyed so much”

・・・まあ、こんな感じですね。私も同意見です。

良い大会だったのですが、「内輪で盛り上がりました。10,000人集めました、すごいでしょ。」だと、いつか飽きられるでしょう。

コーディやヤングバックスが牽引するインターネット時代のプロレスのプロモが、今後どこまで通用するか、見極めたいものです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

次回は飯伏幸太選手つづきです。

のろのろですみません。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m