アダムコール対フィンバラー(2019/12/18 NXT)

(「フィンバラーがNXTに戻って来たところ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

本サイト訪問者のかたには、あんまり興味わかないかもしれませんが、フィンバラー(ベイラー)のNXTでの動きが気になるので、この試合、観させてください。

アダムコールがNXT現チャンピオンなのですが、それにフィンバラーが挑戦した・・・という話です。

フィンバラーの位置づけですが、ちょうどWWE本部からNXT活性化のため派遣された、やり手の部長(ヤングエグゼクティブ)みたいな位置づけにあります。

(以下、画像出典はWWEです。)

関係ないけど、今年も大晦日にRIZINやるみたいですね(フジテレビ)。

・・・カードみましたけど、ぜんぜん興味がわきません。しかも放送時間帯は、夜中の2時とか4時で、引くに引けなくなって・・・という感じです。

やっぱり、あの那須川の試合、大きな赤字出したんでしょうね。


・フィンバラーvs.アダムコール


フィンバラーは、
このトリプルスレットを勝ち抜き
王座挑戦権を手に入れた。

気を取り直して、NXTです。

ちょうどリアリプリーが戴冠した回のNXTです。

アダムコールというと、この辺りで新日本プロレスとも関係のあった選手で、レッスルキングダムでカイルオライリーと壮絶な塩試合したので有名です。

やはりアメリカでないとウケないみたいで、WWEに移籍してからは大ブレイク。

いまやNXTを任されるトップとなっています。


・どんな試合だった?


フィンバラーが
デーモンキングでない時点で
あ、これアダムコールが勝つわ・・・
という見方も可能。

フィンバラーはNXTに来てからずっとノーマルです。

ファイトスタイルとしては、デーモンキングのときの方が、ブロウラーっぽくなるという印象なんですが、みなさんはどんな感じですかね。

とにかく日本にいたときのプリンスデイヴィッドみたいに、ハイフライヤーではないです。

・・・で、試合ですが以前のマットリドル戦みたいに、パワー系のサブミッション中心の試合でした。

ひとことでいうと、ROHの試合みたい。


・アダムコールが王座防衛。


花道にジョニーガルガノが現れ、
フィンバラーが気をとられたところで、
アダムコールが金的!!

試合は、なんかフィンバラーに王座獲ってほしい・・・とおもうような展開でした。

最後フットスタンプでフィンバラーが勝つな・・・とおもったところで・・・

ジョニーガルガノの介入(上掲画像)。

そこをすかさずアダムコールが金的で、フォール勝ち・・・という結末でした。

そのあとジョニーレスリング(←あだ名です。念のため)による、フィンバラー虐待(パニッシュメント)セグメントがつづき・・・・

・・・結局アングルが押し進められたという感じですかね。

これ、1試合目でしたからね。この回のNXTは素晴らしかったとおもいます。

ナカムラシンスケも、こっち(NXT)戻って来てほしいなあ・・・。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m