ジョンモクスリーが新US王者に(NJPW BOSJ 最終戦)

(「たまらん」出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

BOSJ(ベストオブスーパージュニア)最終戦、という名目で、ジョンモクスリー(旧ディーンアンブローズ)の新日本デビュー戦が、(2019年)6月6日、両国国技館で行われました。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・オメガ並みによかった。


WWEではリスク回避のため
ぜったい行われない
観客席での乱闘もあった。

ジョンモクスリーは、ジュースロビンソン(Juice Robinson)のIWGP US王座を狙っての上陸だったんですけれども、試合自体は、完全に圧倒していました。

本記事トップ画像にあるとおり、呑まれてはいなかったですけれども、ジュースが完全にジョンモクスリーを意識し過ぎて無視して登場・・・みたいな感じでした。

アンブローズ、もといジョンモクスリーも、新日本初参戦だったので、やっぱりすこしは緊張していたでしょうね(WWE日本公演とはやっぱり客層違うでしょうから)。

そのういういしさが、良かったです。必死に盛り上げようとしている感じが。

リアクションも、結構いつもの和式(拍手パチパチ・・・)みたいな感じじゃなくて、ヨーロッパ系でみるサッカー的なオーエー・・・ってノリもあって、すごくよかったです。

私自身は、ケニーオメガの試合と同じくらい楽しめました。


・Death Rider!!


この相手を持ち上げてからきめる
ダブルアームDDTが、
ジョンモクスリーの
フィニッシャーになるとおもう。

試合は24分14秒と、長めでした。

もう★5でしたけどね。

ジュースロビンソンも、入り口からのダイブみたいな、すごい技やってて、リミット限界まで自分を押し上げていました。

最後は、ジョンモクスリーが、上掲画像のDeath Riderで勝利を決めました。

う~ん・・・これは、最近の新日本の試合のなかではズバ抜けて面白かったかも。

相手がジュースロビンソンだったのも、よかったとおもう。

なんか、マス棚橋とかだったら、いつもの新日本にジョンモクスリーが適応しているだけ・・・みたいな画像になっただけだろうから。

だから次の相手(もうジョンモクスリー王者だから防衛戦)も、外人で行ってほしい。

うま~~~く、ザックセイバーJr.やオスプレイとのアングルを作って、そっちの外人圏で試合してほしいです。

まだ内藤哲也とか棚橋弘至みたいな、ザ新日本とは絡んでほしくないんですが・・・どうなるんでしょうね。

とにかく、いままでみたジョンモクスリー=アンブローズの試合のなかでは一番よかったです。

ただ、ブロウラー(Brawler)というわけでもなかったし。

おもしろかった。

ただ、メインのBOSJは、鷹木信悟優勝しなかったんですよね。

オスプレイが優勝。

そこ惜しかった。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m