フィンバラーのNXT(2019/11/23)

(「ふつうに登場」
出典:NXT)

こんばんは、ヤマガタです。

昨日、記事化したマウロラナーロの件ですが、大方あれで合っていたみたいです。

コーリーグレイブスが、そういうつもりじゃなかったんだ・・・という弁解をしたみたいです。

参考:COREY GRAVES ISSUES APOLOGY FOR MAURO RANALLO TWEET

マウロラナーロがNXTに戻るか否か・・・まだ判明していません。

ちなみに、じゃあ、コーリーグレイブスがバカッターやったのかと言えば、そうでもなくて、彼のツイートがラナーロ批判ととられてしまったのは・・・

・・・それにたいするスレッド=ディスカッションが、そっちの方への理解をうながしてしまったからだ・・・という感じです。

くわしくはコーリーグレイブスのツイート(前回記事)をみてください。

男らしいのかどうかわかりませんが、コーリーグレイブスは問題のツイートを消していないようです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・WarGamesにもどる。


アメリカでは
ハイフライヤーは
嫌われる。
なのでフィンバラーは、
かなりパワーファイターに
衣替えした。
カラダも大きくした印象。

直近(2019/11/27)のNXTは面白くないっぽかったので、フォローできていなかった、WarGamesのつづきを書きたいとおもいます。

注目すべきなのは、NXTにもどってきたフィンバラー(ベイラー)ですね。

WarGamesでは、ブロブロうるさいマットリドルを相手にしました。

デーモン化するとおもっていたのですが、ノーマルでしたね(本記事トップ画像)。

キャラ的には、ミスターNXTみたいなので、マットリドルを瞬殺してストーリーを動かすのかとおもったのですが・・・

・・・ずいぶんオーソドックスな試合でした。

グラウンドの攻防が目立ったかな。

でも総合格闘技のマネじゃなくて、ちゃんとプロレスのそれだったので、見ごたえありました。


・フィンバラーが勝った。


the 1916 DDT!!
ジョンモクスリーの
パラダイムシフト
にそっくりの技。

面白い試合でした。

例の件があるので、マウロラナーロの仕事納めか・・・という微妙な気分でみていたのですが・・・

終始パワーファイターのフィンバラーが最後・・・

サブミッションで攻め立てるマットリドルを切り返し、1916年(なんでやねん)のDDTという技(上掲画像)→フォールで勝利しました。

ニックネームもプリンス(新日本時代のプリンスデイヴィッドを受け継いでいるのでしょう)のようです。

フィンバラー、いいですね。

NXTの方が輝いています。

そんな風におもいました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m