鈴木秀樹=ハチマン(2021/8/17 NXT)

真ん中にいるのが
マネージャーのマルコムバイブンス(Malcolm Bivens)
向かって右が、ロデリックストロング(Roderick Strong)
向かって左が、鈴木秀樹=ハチマン(Hachiman)
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

今年(2021年)6月なんですけど、WWEがハチマン(Hachiman)という名前を商標登録しました。

参考:WWE Files Trademark For ‘Hachiman’

どうやら、それ(Hachiman, ハチマン)は鈴木秀樹のリングネームみたいです。

まだ、wwe.comの選手名鑑に、Hachimanという名前はないですね。

Hideki Suzukiもないです。

日本時間2021/8/18時点での話です。

ただ、アナウンサーとかが、すでにそう呼んでいるようです。

参考:郵便局員が今やWWEに 異色のキャリアを歩み続ける41歳鈴木秀樹、米リングネームが「Hachiman」に決定…その由来は?

ちなみに、鈴木秀樹(ハチマン)は、Diamond Mineっていう新ユニットでNXTに参戦中です。

ダイアモンドマイン(Diamond Mine)については、以下の記事参照。

参考:Diamond Mine(2021/6/22 NXT)

(以下、画像出典はWWEです。)


・イリヤドラゴノフ


ようやくこのひと紹介できるときがきた。
(一度この記事で触れてます)

ハチマン(鈴木秀樹)の話は、そのくらいでいいでしょう。

今回、ダイアモンドマインは、KUSHIDAのオープンチャレンジ(KUSHIDAはクルーザーウェイト王者=この記事参照)のために出てきたのですが・・・

・・・なんでも直前で中止になったみたいです。

参考:CRUISERWEIGHT TITLE MATCH OFF WWE NXT, KUSHIDA NOT CLEARED TO WRESTLE

たぶん、ストーリーラインの負傷だとおもいます。つまり、KUSHIDA自身は、本当にケガしてないでしょう。

で、なんで、こんなことになったのかというと・・・

上掲画像のイリヤドラゴノフ(Ilja Dragunov)を紹介するためですね。


・イリヤドラゴノフが勝った


NXT UKの黄金カードと言われています。
このYouTube動画など参照。

私、イリヤドラゴノフ、かなり好きです。

理由はですね・・・(語弊がありますが)アホだからです。

カッチカチやぞ!のひと(ザブングル加藤)みたいな顔して試合します。

・・・話逸れましたが、このイリヤドラゴノフが、Diamond Mineのロデリックストロングに挑戦し、勝利しました。

これで、イリヤドラゴノフがすごいんだぞ、というのが視聴者にみせられ・・・

スムーズに、TakeOver 36 でのNXT UK 王座戦にすすめるわけですね(上掲画像)。

ウォルターと、イリヤドラゴノフは、かなり周知の仲(プロレス的に)みたいです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m