【まじか】コーディAEW離脱

びっくり。
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

本当に↓実現しましたね。

参考:【アンチ歓喜?】コーディがAEWと契約していない

WrestlingObserverというか↓デイブメルツァーのリポートです。

参考:Dave Meltzer: Cody & Brandi Rhodes leave AEW after failing to come to terms on new deals

これは全訳の価値あるかな。


1.現地時間月曜日(2022/2/14)


コーディが、妻のブランディローデスと共に、AEWを離脱することが判明した。直接の理由は、契約交渉の決裂だった。

Cody and Brandi Rhodes, who were part of the original AEW crew along with The Young Bucks and Tony Khan, have left the promotion after failing to come to terms on a new contract.

つづけます。

交渉決裂の結果が出たのは今週の月曜日。

AEWのほとんどが、この事実を知らなかったし、コーディとブランディローデスはAEWに残留するとおもっていた。

実際、本件一報を聞いて、ほとんどのAEWのひとは驚いている。

ただ、或る内部情報者は「いつか起こること」と認識していたようだ。

その一方で、しかし、いわゆるEVP(Executive Vice President)–ヤングバックス、ケニーオメガ、コーディ–と、トニーカーンとの関係は、取り沙汰されるほと問題にはなっていなかった。

以上を踏まえ、内部情報者は「ショックだ」と述べている。

Until the negotiations fell apart on Monday, most of the top people in AEW were not aware anything was up and figured both Cody and Brandi were staying. Several were surprised and didn’t know anything until the day of, but one person did tell us that he never thought it would happen when Rhodes’ contract expired. That person did actually know this was coming for a few weeks and categorized it as unhappiness, even though everyone said that the EVPs were getting along the best they have in a long time. They were working last week on projects for the future. One person close to the situation used the term “heartbroken,” but didn’t know the machinations of the split.


2.高い確率でWWE


問題の内実は未だ捉えられていないため、多くの憶測が飛び交っている。

メディアでは、弁護士が介入している、ということだけ伝えられている。

すでにコーディとブランディローデスのWWEゆきが、実しやかなものと考えられているし、実際そうとしかかんがえられない。

As far as the story behind the story, there is a ton of speculation right now. What we do know is that as of Monday morning, lawyers were involved working out the split. With no contract, both could go to WWE immediately. In WWE, there was locker room talk that Cody was possibly coming in. Whether Brandi would come in and wrestle wasn’t known, but it was clear that she wanted to be a wrestler and made it clear that after giving birth, she wanted to return.


3.コーディはEVPでも浮いていた?


結局のところ、AEWがトニーカーン一頭体制になっているのは明らかだ。

しかしそうだとしても、EVP(Executive Vice President)–ヤングバックス、ケニーオメガ、コーディ–のうち、ケニーとヤングバックスは本当に友人関係にある。

それに対し、コーディは、ビジネスライクな関係にしかない。

At the end of the day, Khan made all the choices, approving all angles and choosing who wins and loses. But there was never a period where the EVPs weren’t talking. Although Omega and the Bucks were close personally and the relationship between the Bucks and Cody was more business, they always talked and, again, were said to be on their best terms of late.


4.コーディのAEWでのレスラーとしての人気が問題視されていた


コーディのAEWでの不人気も原因だったかもしれない。

AEWで彼には常にブーイングが来ていた。

最近の抗争も、若いタレントの芽を摘み取るものだとして、ブーイングを加速させた。

コーディはあの手この手を考えたが、どれも上手く行かなかった。

Cody absolutely had great input, but his character was struggling. He had been getting booed at every show by a percentage of the audience, probably starting with his feud with Anthony Ogogo. Some believed he was running the company and blamed him for making the call not to put younger talent over when he beat Ogogo. It was not his call and it was the only call that could have been made at the time with Ogogo needing eye surgery. However, nobody was privy to that information.

Cody tried to make it a United States vs. United Kingdom program, which would also get Ogogo over as a UK star since he has some name value there for being an Olympic medal winning boxer. Cody channeled his father in a controversial promo that some loved but others criticized. It was the type of promo that his father thrived upon that Cody was doing, right down to saying for this match he would be “The American Dream,” but it wasn’t as great with a very different type of audience.


5.ウワサは現実に。


一応、これで必要最低限の情報を伝えられたとおもいます。

結局、メディアで報じられていたことの、ほとんどが事実だった、ということになります。

① トニーカーン一頭体制と、創立メンバーとの確執

AEWの最近(2021/9/29 Dynamite)

② AEW設立メンバーをふりかえる(CIMAとかもう影も形も・・・)

Double or Nothingチケット販売パーティ③:CIMAとOWE。

③ 或る時期からコーディの態度がガラリと変わった

【アンチ歓喜?】コーディがAEWと契約していない

・・・まあ、WWEでしょうね。

プライドの高いコーディでしょうから。

コーディは新日本プロレスに居たときもありましたが、パッとしませんでした。

フリーエージェントの選択肢もあるでしょうが、AEWがインディシーンをかっさらった業界をみると、あんまり、というか、彼の望む儲けににはならないでしょう。

たぶん、初の(零細では他にいるだろうが)AEWからの出戻り、としてWWEも利用価値(文字どおり)をみいだしているとおもいます。

今度こそWWEで成功してやる!というコーディの気持ちもあるでしょうしね。

がんばってほしいです。(←AEWを離れるとガラリと態度を変える)

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m