ジョンモクスリーvs.PAC(2019/10/23 AEW)

(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

第4回目となったAEWのTV放送番組Dynamiteです。

個人的には、徐々に盛り下がって、WWEが盛り返して来るんじゃないか・・・とおもっているのですが、放送を見る限り、その気配は、まだまだありません。

WednesdayNightWarsの結果も同時に注視してゆきたいとおもっています。

(以下、画像出典はAEWです。)


・ジョンモクスリーvs.PAC


ジョンモクスリーの入場中に
PACが後ろから襲撃する!!
という展開で開始。

今回、Dynamiteのメインは、先週のタッグ決裂アングルの延長から、ジョンモクスリーvs.PACの遺恨マッチがおこなわれました。

放送最後の20分くらいの枠しかなく、それを過ぎたらタイムリミットドローになる・・・というものでした。


・どんな試合だった?


レッドアロー!!

試合自体は、ハイフライヤー(PAC)対ブロウラー(ジョンモクスリー)のそれ、といったものでした。

観客はまだAWEに新しさを感じていて、会場自体は、かなりヒートアップしていました。

個人的には、すこ~しジョンモクスリーに新しみがなくなってきたかな・・・という印象です。

新日本に出た方が、ジョンモクスリーはずっと味が出ると思っています。


・タイムアップドロー。


時間切れ引き分け。

入場時間も含めての20分ほどの枠内の出来事でしたから、タイムアップドローでもおかしくありません。

むしろ、これまでの試合がドローにならなかったのが不思議なくらいです。

最後、ジョンモクスリーがパラダイムシフトからフォールでPACを追い込みますが、PACが返します。

・・・というわけで時間一杯ドロー。

この抗争はまだまだつづく・・・ということでしょうね。

どうでしょうか、AEW。

わくわくするでしょうか?

ちょーーーっと行きづまりの片鱗が見えてきたから、という気がしないでもないです。

ジェイクハガーがどう機能するか、がひとつの突破口になるかもしれません。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m