GoProレンタルをやってはいけない②:HyperSmoothという落し穴

[国内正規品] GoPro HERO6 Black ウェアラブルカメラ CHDHX-601-FW

こんばんは、伊田です。

GoProレンタルという個人でも、初期投資なしでできるような商売があるのですが、その利用の是非について記事を書かせて頂いています。

結論はタイトル通り、非(利用すべきではない)です。


・設定のむずかしさ。


GoProレンタル業者については前回記事化しました。

インターネットをみると、GoProレンタルおススメ!などという記事をよく目にしますが(たとえばこの記事)、それはレンタル業者が、ランサーズやらクラウドワークスで、おカネを払って書いてもらっている宣伝記事です。

あるいは、個人にせよ、組織にせよ、ブロガーなりニュースサイトでは、そういった宣伝記事で収入を得ている所もありますので、そういった類の記事だと理解して頂ければ結構でしょう。


・GoPro設定のむずかしさ。


私自身、レンタルの高額さをかんがえ、あえて中古のHERO6 Blackを購入しました。

ドライブレコーダーのような動画を撮りたい・・・というのが目的だったのですが、理想の動画にはまだ至っていません。

購入して、もう1カ月は経ち、週に1度、2度、撮影を試みる頻度で使っています。

撮影自体は楽しいです。

これは、やってみれば分かるでしょう。

・・・やはり、ずっと試行錯誤しているのはProtune設定ですね。


・GoProHERO8のレンタルとか、もってのほか。



本気で極めるなら、コレ。
動画撮影可。

現在、GoProHERO8の販売(2019/10/25)が近づいており、レンタル業者も、それをかきいれ時の一種とかんがえているはずです。

ただ、5,000円、場合によっては10,000円を超えるレンタルをする価値はまったくない、とおもってください。

理由は、以下のとおりです。

① ウリにしているHyperSmoothは必要ない。

② スマホ撮影がキレイになるくらいでよい、とおもっていたら、中華カメラで十分。

また、車載動画でいえば(私も買った)GoPro HERO6 Blackでキレイに撮れている動画は、以下↓のとおり、たくさんありますので、HERO7、HERO8には、まったく食指が動きません。

【NBOX+GoPro車載】早朝 首都高速ドライブ

GoPro HERO6 手ぶれ補正を使った車載動画がスゴイ!

また、モトブログ(オートバイ動画)の路線で攻めている、次の動画↓も興味深いです。

GoPro HERO4 車載動画 外部マイクテスト ロータスエリーゼ

ただ、GoProからひとつとびぬけるには、70,000円台のカメラ↓という手もあるようです(上掲画像のカメラ)。

首都高ドライブ GH4撮影テスト 2日目 (夕方・夜景) [4k 車載動画 2014/04]

GoPro本社の手ブレ原理を解説しているのが、以下↓の動画。

ビデオの波型またはゆがみを防ぐ方法

ここから、手振れの根幹はHyperSmoothではない、ということが、よくわかります。つまり、振動の伝わりですね。

これらの方々の動画の、どこが上手くて、どこが失敗しているか、私にも比較的わかるようになりました。

これらは時間をかけて学んでゆくことです。

だから3日4日のレンタルで達成できることではありません。

GoProレンタルをするのだったら、中華カメラか、スマホ動画で十分です。

浮いたおカネで、おいしいものでも食べてください。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m