オメガ&ペイジvs.モクスリー&PAC(2019/10/16 AEW)

(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

Dynamite(AEWのTV放送)も、第3回目を迎えました。

メインは、クリスジェリコが王座防衛戦。

セミファイナルとして、ケニーオメガがハングマンペイジとタッグを組んで、ジョンモクスリー&PAC組と試合をしました。

(以下、画像出典はAEWです。)


・どんな試合だった?


豪華だな~・・・

端的にいって、いままでAEWでみた試合のなかでは、一番面白かったです。

なによりも、オメガが、ヤングバックスの呪縛から解き放たれているのがよかったです。

ハングマンペイジは、この4人の中でキャラ薄ですけれども、本試合では攻撃でも守備でも、かなりカラダをはった動きをしていました。


・とにかく面白かった。


後半、
PACとモクスリーが、
仲間割れする。

ちゃんとストーリーもあって面白かったです。

後半、前回のアングルのつづきで、モクスリーとオメガが、また有刺鉄線巻いた箒(ほうき)とバットで、乱闘しようとするのですけれども・・・

・・・前回と同じように、PACがそれを仲裁。

チャントプロレスやれ!みたいにモクスリーを説教するPACに、モクスリーが逆ギレ(上掲画像)。

仲間割れして、PACにDDT(パラダイムシフト)をして去って行きます。


・オメガ組が勝った。


Dead Eye!!
(このまま下に叩きつける)

のこされたPACは、1対2でオメガ組と戦わなければならなくなり、結局ボコられ・・・

・・・最後は、ハングマンペイジがデッドアイ(上掲画像)→フォールで、オメガ組の勝利となりました。

この試合は、完璧でしたね。

観客のノリもよかったですし、メインへの盛り上げとしても最高でした。

いまのところ、AEWのTV放送は、まったくスキがない感じです。

面白いので、ジェリコの試合も記事書こうかな、とおもっています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m