リグロースラボ 5HP発売!

こんにちは、バールドです。

今年初めに、ミノキシジル外用薬の新ブランドとして、リグロースラボシリーズを紹介させていただきました(この記事)。

紹介したとき、当時の勢いから、フォリックスシリーズはすぐに消滅するのではないか・・・とおもったのですが、案外すみわけていますね、この2つのブランド。

すこし驚いています。


・5HP



半年以上待たされた。

リグロースラボは、ひとことでいえばフォリックスシリーズの廉価版(安くなったもの)です。

ただ、その一方で、ミノキシジル一辺倒だった(厳密にはそうではありませんが)フォリックスシリーズとは違い・・・

・・・デュタステリドを同時に配合したり・・・といった工夫をほどこしたのがリグロースラボシリーズでした(この記事)。

そのミノキシジル+αの成分として、ひとつの目玉だったのが馬プラセンタです。

それを5%のミノキシジルとともに配合したのが、今回ご紹介している5HPになります。

じゃあ馬プラセンタはなにに効くの?と聞かれれば、それはみなさんが薬局などでウーマ(馬油)シャンプーにもつイメージそのままです。

つまり、発毛育毛というより、髪の質を高めるものですね。

7HPのときの紹介文などもご参照ください。


・ミノキシジル濃度は5%

リグロースラボの製品名はD5αなど謎めいたものもあり、よくわからないかも知れませんが、慣れれば分かりやすいです。

この記事にまとめています。

5HPにかんしていえば、そのまま・・・

5=ミノキシジル濃度5%

HP=馬プラセンタ(Horse Placenta)

・・・という、なんだか中学生でもかんがえそうなニックネームです。

注意すべきなのは、5HPと7HPで異なるのはミノキシジルの濃度(5%と7%)であって、HP(馬プラセンタ)部分ではない・・・そこは同じ、ということでしょうね。

もしかしたら、ここにリグロースラボ5HP登場遅れの理由があったのかもしれません。

つまり、HP(馬プラセンタ)系の商品は、どれでゆくか、とかんがえたとき、ミノキシジル濃度5%で勝負した方が売れるだろう・・・という開発部の判断があったのだとおもいます。

だからたぶん、7HPは交代して消えるんじゃないかな・・・?


・買いか?


ご訪問されている方の率直な問いは、コイツ(リグロースラボ5HP)は買いか?ということだとおもいますが・・・

オオサカ堂さんのホームページをみると、リグロースラボは、M15のひとり勝ちですね。

M15は、ミノキシジル濃度15%ということです。

じっさい、リグロースラボM15に人気が集中するのは納得の行く話で・・・

① ミノキシジル濃度ほぼ最高15パーセント(フォリックスにはもう1%だけ上乗せした16パーセントのFR16がある)

② フォリックス(FR15)よりも1,500円安い

・・・という長所が、リグロースラボM15にはあるからです。

こういったマイナーな商品って、人気度から理由をたどってゆくと、ほんとうに購買者って賢いんだなあ・・・というのが、よくわかります。

インターネット時代には、こういった経験、よくありますよね。

・・・と、なんだかリグロースラボ5HPの記事にしては推しが弱いですが、とりあえず情報提供としては、それなりに意味がある記事にはなったかとおもいます。

ええと、つまり、リグロースラボ5HPは、M15ほど”買い”ではない。好みに応じて・・・というのが結論です。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m