Fyter Fest ①:オメガは元気そうだね。

(「ストIIの豪鬼・・・で
いいんだよね?」出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

この記事でお伝えした通り(2019年)6月29日フロリダ州デイトナビーチにあるOcean Centerというキャパ9,000人ほどのところで、AEW正式2回目の興行になるFyter Festが開催されました。

まあ満員で、かなり盛り上がっていました。

ちなみにFyter Festっていう名前は、2017年に開催されたうさんくさいミュージックフェスティバルFyre Festival(オーガナイザーのBilly McFarlandは詐欺師として後世に名を残している模様)をもじっているようです。

(以下、出典はAEWです。)


・BeingTheEliteのノリで行くのかな。


波動拳をする
オメガとヤングバックス。

まずは新日本退団から、日本では消息が途絶えているケニーオメガですが、今回はヤングバックスと組み、ルチャブロ(ペンタゴンJr.=エルゼロフェニックス)とLaredo Kidという三人組と戦いました。

今回のモチーフは、ストIIだったみたいです。

で、試合はまあ・・・上掲画像のような感じなんですけれども、そろそろAEWの目指そうとしているところが見えてきたような気がします・・・。

こんな風にまとめられるでしょう。

① やっぱりStrong Style Evolvedでの新日本と、ケニーオメガの方向性の決裂は決定的だったとおもう(この記事参照)。

② 新日本のようなガチのストロングスタイルをAEWは目指していない。女子ディビジョンをみればわかるとおり、もうちょっとソフトで、お笑い路線も目指している。

③ BeingTheEliteのファンが今のAEWのコアなファン。だからあの動画の路線そのままのプロレスをするとおもう。


・オメガとヤングバックスが勝った。


ワンウイングエンジェル!

試合は、今回はケニーオメガの見せ場ということで、最後、片翼の天使→フォールでオメガ組が勝ちました。

見てて気になったのは、AEWやっぱり選手すくないな、ということです。

結局、ケニーオメガ、ヤングバックス、ペンタゴンJr.、フェニックス、コーディ、ジェリコ・・・あとジョンモクスリーあたりを頂点に、メインを組むことになるとおもうので、そうすると試合がマンネリ化する恐れがあります。

だから選手獲得がいま一番の課題かもしれませんね。

それもWWEからの天下りではなく、インディーシーンから生え抜きを手に入れられれば、という感じでしょう。

でもWWEみたいにNXTがないから、一気に観客にすごさを伝えなければなりません。

あと、バックステージとかはどうするのか。

徐々に形がみえてきたAEW。

いろいろ見所がありますね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m