やめときゃいいのにトリプレマニア(Triplemanía XXVI)その3:リッチスワンの試合つづき。

(出典:AAA

こんばんは、ヤマガタです。表題通り、身の丈を超えたことに取り組んでいます。

(2018年)8月25日、トリプレマニア26 (Triplemanía XXVI)というトリプレア(AAA)最大のイベントがメキシコシティーアリーナで開催されました。(メキシコのプロレス事情について等は、連載1回目でまとめています。)

今回は前回からのつづきで、リッチスワン(Rich Swann)の試合を見ながら、メキシカンプロレスの雰囲気というものを学んでいってみたい(←偉そうだな)と思います。

ノリノリのリッチスワン

(以下、画像出典はAAAです。)


・ブライアンケイジ/ケージ(Brian Cage)


こんなん出て来たら

すぐ逃げるけどな。

リッチスワンの試合はセミファイナルだったんですけど、AAA Mega Championship(AAA世界ヘビー級王座)というトリプレア最高峰のベルトを掛けての4WAYマッチでした。

ひとりめは、リッチスワン(RichSwann)。

そして、ふたりめが、上掲画像のブライアンケイジ/ケージ(BrianCage)でした。

知らないですよね、このひと(私も・・・)。

(調査中・・・)

いやでも、NOAHファンなら知っているレスラーのようです(下記画像)。

内藤哲也かと思った。

ブライアンケイジ選手は、2017年、NOAHの宮原健斗になりそこねた男、中嶋勝彦選手の王座に挑み、敗れています。

う~ん、引き立て役としては最高のビジュアル持ってますもんね、ブライアンケイジ。

意識しているのかな。

なにより仕事入って来てナンボ、のレスラー稼業ですもんね。


・フェニックス(Fénix)


レスラーのこういう感じがスキ。

フェニックス(Fénix)。

いかにも中量級のハイフライヤーですけど、この4WAYマッチを制したのは結局、このひとでした。

マスクマンだし、AAA所属なのかな・・・とおもって調べたところ・・・2016年にAAAを卒業して、いまはフリーみたいです(下記画像)。

よめねーよ。

(スペイン語)

「AAAの人気者が帰って来たぞ!」というのが、この試合のストーリーラインだったのかも知れません。


・ジェフジャレット(Jeff Jarrett)


アンタまだ現役だったの?

思わぬところで掘り出しモノというか、ジェフジャレット(JeffJarrett)です。

ベルト巻いて入って来ていることから分かる通り、この時点でのAAA世界ヘビー級王座は、何を隠そう、このひと、ジェフジャレットです。

そんなことは知る由もなく、日本の私達が目に行くのは彼が持っているギター。

このギター持って、AJスタイルズがIWGPを奪取していた頃、バレット倶楽部にいたマネージャーみたいなひとを思い出してもらえば十分だと思います(下記画像)。

これやってたひとね。

(頭からもらいに行くマス棚橋)

まあ、ひとに歴史あり、で、ホジクリ出せば一杯あるみたいですけど、日本のわたしたちは、この黒ギターのジャレットで十分でしょう。


・てな訳で、何気に役者ぞろいの4WAYマッチ。


ヘキサゴン(六角形リング)。

というわけで、リッチスワン目当てで見ようと思ったら、リッチスワン以外が面白そうな4WAYマッチ。

しかも突然、AAAヘビーで最高峰の試合(なぜセミファイナル?)。

試合時間も、ジェフジャレット関係で(←体力ないからね)短かったようなので、次回、ゆっくり見てみることにしましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m