KENTAが新日本ポッドキャストに出演して胸中を語る。

(出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

新日本の英語圏向けメディアにNJPW Official English PodcastというYouTube番組があります。

そこにヒデオイタミ、もといKENTAが出演し、司会のChris Charltonと興味深い話をしていましたので、まとめてみたいとおもいます。

ポッドキャストは、ここ

KENTAの出演は、2:00から8:30くらい。

たぶんポッドキャストそのものの前に収録したのでしょう。


1.ドミニオンでの登場はどうだった?


KENTAはどうやら、ドミニオン大阪から東京に戻って来たばかりのインタビューだったみたいです(ポッドキャストは6月13日にアップされている)。

で、Chris Charltonから、ドミニオンでのサプライズ出演(本記事トップ画像の場面)、どんな感じだった?と聞かれました。

KENTAはこんな風に答えています(ぜんぶ英語)。

先に柴田勝頼が出て、エントランスで指さして、オレを招き入れてくれたんだけど、ぜんぜんどこが入口かわからなかったんだ。

すっごく焦った。

だから柴田はず~~~っと指さしたままだったんだ。

たしかに、そんなかんじでしたね(笑)。


2.なんで新日本なの?


AEWもROHもあるし、なにせNOAHもある。

そういうことを踏まえChris Charltonが核心に入ります。

なぜ新日本を選んだの?

それに対するKENTAの答えは以下のとおり。

新日本は世界的に知名度がある。

アメリカでも、イギリスでも。

新日本なら、自分のレスリングを発信できるとおもった。

んまあ、礼儀正しい答えかな。

就職の面接みたい。

いや~~!!NOAHだと給料安いっすからね(爆)!!!みたいなのはアウトでしょう。


3.柴田勝頼との関係は?


Chris Charltonが柴田勝頼との関係をファンに説明するように促します。

以下がKENTAの答え。

2005年かな。

共通の友達がいて、オレを柴田と合わせてくれたんだ。

似た者同士というのが分かってすぐ意気投合したよ。

この話けっこう長いんですが、つまらないんでパス。


4.ジョンモクスリー


Chris Charltonが結構、意地悪な質問します。

Chris「同時期にジョンモクスリーが新日本に参戦したよね。」

Chris「正直、君とは違うレベルだ。どう思う?試合したい?」

KENTAの答えは以下。

あ~~~あ・・・。認めざるを得ない。

ジョンモクスリーはWWEでも(ディーンアンブローズとして)トップオブトップだった。

でも、オレはいまはKENTAだ。

WWEで失敗したStupidHideoItamiじゃないぜ。

いまならジョンモクスリーと五分。

G1でジョンモクスリーにKickTheAssするぜ。

Sportskeedaがなぜかこの答えに喰いついていました。

参考:WWE News: NJPW wrestler buries his WWE character and warns Jon Moxley

「新日本に参戦したKENTAはヒデオイタミのギミックを埋葬し、ジョンモクスリーに挑戦状をたたきつけた」っていう意味の題名です(↑)。


5.新日本との契約は?


結構センシティブですけれども、Chris Charltonが突っ込みます。

Chris新日本にはどこまで参戦するの?」

Chris「G1後も?ほかのプロモーションには出ないの?」

これに対するKENTAの答えは以下。

まずはG1。

世界で一番キツイツアーだからね。

今言えるのはそれだけ。

ようするに、G1は新日本からしてもKENTAに対する査定になるのでしょう。

だからパートタイマー契約なんでしょうね、いま。


6. ほかに興味ある新日本の選手は?


Chris Charltonが、(ジョンモクスリーの)ほかに興味のある新日本の選手は?と尋ねます。

KENTAの答えは以下。

まずはIWGPのオカダカズチカ。

あと内藤。

だそうです。

そこからG1に丸藤正道が出て、オカダカズチカと名勝負をした、という話題にとんだんですけど・・・

・・・これは気まずい話題だったのかな?あまり広がりませんでした。

とりあえず以上です。

KENTAにとってもG1は査定試合で、十分自分をアピールしなければ、厳しい新日本では生き残れないということでしょう。

というか新日本、いま厳しすぎる環境だとおもいます。

KENTAにはがんばってほしいですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m